コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

常世 トコヨ

2件 の用語解説(常世の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

とこ‐よ【常世】

常世の国1」に同じ。
「―にと我が行かなくに小金門(をかなと)にもの悲しらに」〈・七二三〉
常世の国2」に同じ。
「田道間守(たぢまもり)―に渡り」〈・四一一一〉
永久に変わらないこと。永遠。
「我妹子(わぎもこ)が見し鞆(とも)の浦のむろの木は―にあれど見し人そなき」〈・四四六〉

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

とこよ【常世】

( 名 ・形動ナリ )
永久に変わらない・こと(さま)。永遠。 「呉床座あぐらいの神の御手もち弾く琴に舞する女おみな-にもがも/古事記
常世の国 」に同じ。 「心から-を捨てて鳴く雁を雲のよそにも思ひけるかな/源氏 須磨

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の常世の言及

【常世国】より

…海のかなたにあるとされた異郷で,永遠不変の国の意。記紀の伝承では大己貴(おおなむち)とともに国作りした少彦名(すくなびこな)命が常世国に渡ったといい,垂仁天皇は田道間守(たじまもり)を常世国につかわして非時(ときじく)の香(かく)の木の実(橘)を求めさせたなどとある。《万葉集》の浦島子を詠んだ歌には〈ワタツミの国〉を〈トコヨ〉と表現し,〈常世の浪の重浪(しきなみ)よする国〉という常套句もあって,海原の印象と切り離せない。…

※「常世」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

常世の関連キーワード常世の国手腓常つ国常世の神常世の長鳴き鳥常世物遥か我が背子我が世の春人の国

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

常世の関連情報