常世(読み)トコヨ

デジタル大辞泉の解説

とこ‐よ【常世】

常世の国1」に同じ。
「―にと我が行かなくに小金門(をかなと)にもの悲しらに」〈・七二三〉
常世の国2」に同じ。
「田道間守(たぢまもり)―に渡り」〈・四一一一〉
永久に変わらないこと。永遠。
「我妹子(わぎもこ)が見し鞆(とも)の浦のむろの木は―にあれど見し人そなき」〈・四四六〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

とこ‐よ【常世】

〘名〙
① (形動) 永久に変わらないこと。いつまでも続いているもの。また、そのさま。永久。永遠。
※古事記(712)下・歌謡「あぐら居の 神の御手もち 弾く琴に 舞する女 登許余(トコヨ)にもかも」
※古事記(712)中・歌謡「この御酒は わが御酒ならず 酒(くし)のかみ 登許余(トコヨ)にいます」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の常世の言及

【常世国】より

…海のかなたにあるとされた異郷で,永遠不変の国の意。記紀の伝承では大己貴(おおなむち)とともに国作りした少彦名(すくなびこな)命が常世国に渡ったといい,垂仁天皇は田道間守(たじまもり)を常世国につかわして非時(ときじく)の香(かく)の木の実(橘)を求めさせたなどとある。《万葉集》の浦島子を詠んだ歌には〈ワタツミの国〉を〈トコヨ〉と表現し,〈常世の浪の重浪(しきなみ)よする国〉という常套句もあって,海原の印象と切り離せない。…

※「常世」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報