コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

永久 エイキュウ

デジタル大辞泉の解説

えいきゅう【永久】[年号]

平安後期、鳥羽天皇の時の年号。1113年7月13日~1118年4月3日。

えい‐きゅう〔‐キウ〕【永久】

[名・形動]いつまでも限りなく続くこと。また、そのさま。「永久に平和を守る」「永久不変」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

えいきゅう【永久】

( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
いつまでも限りなく続くこと。時間の果てがないこと。また、そのさま。とこしえ。永遠。 「 -不変」 「 -に変わらぬ愛」

えいきゅう【永久】

年号(1113.7.13~1118.4.3)。天永の後、元永の前。鳥羽天皇の代。

とわ【永久】

( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
いつまでも変わらない・こと(さま)。永久えいきゆう。永遠。 「 -の誓い」 「 -に幸あれ」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本の元号がわかる事典の解説

えいきゅう【永久】

日本の元号(年号)。平安時代の1113年から1118年まで、鳥羽(とば)天皇の代の元号。前元号は天永(てんえい)。次元号は元永(げんえい)。1113年(天永4年)7月13日改元。天変、戦乱、伝染病などの凶事を断ち切るために行われた(災異改元)。命名の出典は不詳。この頃、都では寺僧の強訴(ごうそ)が相次ぎ、また延暦(えんりゃく)寺、興福(こうふく)寺、園城(おんじょう)寺などの僧兵が互いに激しく争っていた。

出典 講談社日本の元号がわかる事典について 情報

永久の関連キーワードキラー・エイ・ピー・ピーマグネチックスピーカークリオライトゾーンスイス誓約同盟永久磁石同期機ペルゲリソルフォーエバーコンソル公債エタニティー寒冷地土壌学選挙人名簿イモータル永久双極子無期限国債永の別れ万世不易万世一系永久機関災異改元永久百首

永久の関連情報