コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

常磐湯本[温泉] じょうばんゆもと

1件 の用語解説(常磐湯本[温泉]の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

じょうばんゆもと【常磐湯本[温泉]】

福島県いわき市常磐湯本町にある温泉。食塩泉,58℃。三函(さはこ)の湯として古くから知られ,江戸時代岩城街道唯一の温泉のある宿駅であった。この温泉は非火山性とされ,常磐炭田下の花コウ岩から断層線に沿って湧出し,明治中ごろには50ヵ所余りの源泉から自噴していた。その後ボーリングで噴湯に成功してから乱掘が行われ,湧出量は減少した。また常磐炭田の開発が進むとともに付近の炭鉱の出水が相ついで,温泉面が低下し,大正末以降はポンプによる揚げ湯も不可能となって旅館の廃業が続出した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

常磐湯本[温泉]の関連キーワード石城国堂ヶ島温泉勿来湯村温泉常磐興産いわき明星大学いわきよつくら港リュウ君常磐開発

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone