コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

常磐湯本[温泉] じょうばんゆもと

世界大百科事典 第2版の解説

じょうばんゆもと【常磐湯本[温泉]】

福島県いわき市常磐湯本町にある温泉。食塩泉,58℃。三函(さはこ)の湯として古くから知られ,江戸時代岩城街道唯一の温泉のある宿駅であった。この温泉は非火山性とされ,常磐炭田下の花コウ岩から断層線に沿って湧出し,明治中ごろには50ヵ所余りの源泉から自噴していた。その後ボーリングで噴湯に成功してから乱掘が行われ,湧出量は減少した。また常磐炭田の開発が進むとともに付近の炭鉱の出水が相ついで,温泉面が低下し,大正末以降はポンプによる揚げ湯も不可能となって旅館の廃業が続出した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone