廃業(読み)はいぎょう

精選版 日本国語大辞典「廃業」の解説

はい‐ぎょう ‥ゲフ【廃業】

〘名〙
① やりかけた仕事を一時的に中断すること。
※殿村篠斎宛馬琴書簡‐文政一一年(1828)三月二〇日「当夏大暑中は業候て、保養いたし候つもりに候」
② それまでの職業・商売をやめること。営業をやめること。
※新聞雑誌‐七号・明治四年(1871)七月「忽ち廃業(ハイギャウ)に至らん」 〔礼記‐檀弓上〕
③ 特に、芸娼妓がつとめをやめること。
※明治浮世風呂(1887)〈浮世粋史〉二二「一旦廃業(ハイゲウ)して見たけれど〈略〉是と云ふ正道な家業は知らず」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

普及版 字通「廃業」の解説

【廃業】はいぎよう(げふ)

廃棄されていること。〔後漢書、方術上、許楊伝〕昔大禹、を決し河をし、以て天下を利す。太守)今廢業を興立し、國を富ましを安んぜんとす。~死を以て力を效(いた)さん。

字通「廃」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

レベルE

冨樫義博による漫画作品。SFオカルト・ファンタジー。『週刊少年ジャンプ』にて1995年から1997年まで連載。ジャンプコミックス全3巻。2011年にはテレビアニメ化された。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android