コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

幕間劇 マクアイゲキ

デジタル大辞泉の解説

まくあい‐げき〔マクあひ‐〕【幕間劇】

演劇で、長い劇の間に挟んで演じる小喜劇。本筋と関係なく、重苦しい気分を緩和するためのもの。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

まくあいげき【幕間劇】

幕間に演じられる軽い喜劇。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の幕間劇の言及

【イギリス演劇】より


[ルネサンス]
 15世紀後半になって,なお抽象的ではあっても道徳劇ほど教訓的でなく,世俗性や娯楽性に重点をおく劇が現れた。これが幕間劇であり,もとは他の余興にはさまれた短いだしものだったが,やがて独立して演じられる長い劇となった。おもに貴族の屋敷などで知的な観客のために演じられ,16世紀半ばまでは人気があった。…

※「幕間劇」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

幕間劇の関連キーワードルソー(Jeanカルデロン・デ・ラ・バルカオペラ(舞台芸術)インテルメッツォスペイン演劇ストリッジョペルゴレージ日本演劇永劫回帰間奏曲即興曲演劇幕間

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android