幕間狂言(読み)まくあいきょうげん

デジタル大辞泉の解説

まくあいきょうげん〔マクあひキヤウゲン〕【幕間狂言】

《原題、〈スペイン〉Ocho Comedias y ocho Entremeses nuevos, nunca representadosセルバンテスの戯曲。1615年刊行の「新作戯曲八種と幕間狂言八種」に収められている。さまざまな人々の姿を通して17世紀の社会や風俗を描く。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ミュージックの日

3月19日。1991年、日本音楽家ユニオンが制定。音楽家・ミュージシャンの現状の理解を求め、改善に向けてのPRイベントを行う。日付は「319(ミュージック)」の語呂合わせから。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android