コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

幕電 マクデン

デジタル大辞泉の解説

まく‐でん【幕電】

電光の一種。遠雷により、夜空の一部が明るく見える現象。また、雲内放電により、電光は雲に隠れて雲全体が光って見える現象。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

まくでん【幕電】

遠方の雷の電光が雲に反射し、稲妻は見えないが雲全体が光って見える現象。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の幕電の言及

【雷】より

…背の低い冬の雷雲では,上部の正電荷と地表との間で放電を起こす落雷もしばしば発生する。雲放電の場合は厚い雲にさえぎられて放電路を直視できない場合が多く,夜間では雲全体が明るく輝くのが見られ,これを幕電という。落雷の場合は雲底下に現れる放電路を直視することができる。…

※「幕電」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

幕電の関連キーワード稲妻遠方

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android