遠雷(読み)エンライ

デジタル大辞泉の解説

えん‐らい〔ヱン‐〕【遠雷】

遠くのほうで鳴る 夏》「―や睡ればいまだいとけなく/汀女
[補説]書名別項。→遠雷

えんらい【遠雷】[書名]

立松和平長編小説。都市近郊農村でトマトのハウス栽培を行う青年を主人公に、都市化の波とともに崩壊していく共同体の姿を生々しく描く。昭和55年(1980)、第2回野間文芸新人賞を受賞した著者の出世作。翌年、根本吉太郎監督により映画化。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ダブルベーグル

テニス競技において、一方の選手がゲームカウント6-0で2セット連勝することの通称。真ん中に穴が空いたパンの一種であるベーグルの形が数字の「0」に似ていることが語源となっている。1セットの場合は単に「ベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

遠雷の関連情報