コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

遠雷 エンライ

4件 の用語解説(遠雷の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

えん‐らい〔ヱン‐〕【遠雷】

遠くのほうで鳴る雷。 夏》「―や睡ればいまだいとけなく/汀女
[補説]書名別項。→遠雷

えんらい【遠雷】[書名]

立松和平長編小説。都市近郊農村でトマトハウス栽培を行う青年を主人公に、都市化の波とともに崩壊していく共同体の姿を生々しく描く。昭和55年(1980)、第2回野間文芸新人賞を受賞した著者の出世作。翌年、根本吉太郎監督により映画化。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラスの解説

遠雷

1981年公開の日本映画。監督:根岸吉太郎、原作:立松和平、脚本:荒井晴彦。出演:永島敏行ジョニー大倉石田えり、横山リエ、蟹江敬三、森本レオほか。第6回報知映画賞作品賞受賞。第24回ブルーリボン賞主演男優賞(永島敏行)受賞。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

えんらい【遠雷】

遠くの方で鳴っている雷。 [季] 夏。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

遠雷の関連キーワード首の座狂った果実透光の樹OUTウホッホ探険隊サイドカーに犬白い手泥の河20世紀ノスタルジア雪に願うこと

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

遠雷の関連情報