コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

干渉フィルタ かんしょうフィルタinterference fılter

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

干渉フィルタ
かんしょうフィルタ
interference fılter

薄膜の干渉現象を利用し,ある特定の波長領域の光だけを透過して,他の波長の光は通さないようにしたフィルタ。金属干渉フィルタ非金属干渉フィルタとがある。前者はガラスの上に銀膜,硫化亜鉛のような透明結晶膜,さらにまた銀膜の3層の薄膜を真空蒸着でつけたもので,中層の透明膜の光学的厚さが,透過させようとする光の波長の2分の1になるようにしてある。非金属干渉フィルタは反射層である銀膜の代りに2種類の透明結晶を交互に何層も蒸着して反射層としたもので,銀膜に比べて吸収が少いためフィルタの特性が著しく改善される。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

干渉フィルタの関連情報