光学的厚さ(読み)こうがくてきあつさ(英語表記)optical thickness

世界大百科事典 第2版の解説

こうがくてきあつさ【光学的厚さ optical thickness】

放射の減衰尺度として測られる厚さで,天体物理学において,天体の物質層の厚さを表現するのに用いられる。着目する波長λでの単位長当りの吸収係数をκλ,表面からの幾何学的長さをxと記すと,幾何学的厚さdに対応する光学的厚さτλは,と表される。天体中のエネルギーの輸送や天体からの情報の伝達には,放射が重要な役割を演ずるので,この種の尺度が便利である。物質の吸収特性にだけ着目すれば,光学的厚さτλの層を通過することによって,放射強度は1/eτλに減衰する。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ワンオペ育児

配偶者の単身赴任など、何らかの理由で1人で仕事、家事、育児の全てをこなさなければならない状態を指す言葉である。母親1人を指す場合がほとんどで、「ワンオペ育児ママ」という派生語もある。「ワンオペ」とは「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android