コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

光学的厚さ こうがくてきあつさoptical thickness

世界大百科事典 第2版の解説

こうがくてきあつさ【光学的厚さ optical thickness】

放射の減衰尺度として測られる厚さで,天体物理学において,天体の物質層の厚さを表現するのに用いられる。着目する波長λでの単位長当りの吸収係数をκλ,表面からの幾何学的長さをxと記すと,幾何学的厚さdに対応する光学的厚さτλは,と表される。天体中のエネルギーの輸送や天体からの情報の伝達には,放射が重要な役割を演ずるので,この種の尺度が便利である。物質の吸収特性にだけ着目すれば,光学的厚さτλの層を通過することによって,放射強度は1/eτλに減衰する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

光学的厚さの関連キーワード干渉フィルタ濁度係数混濁係数放射

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android