平む(読み)ヒラム

デジタル大辞泉の解説

ひら・む【平む】

[動マ四]
平たくなる。
「手に―・める物さはる時に」〈竹取
ひれ伏す。平伏する。
「宣旨(せんじ)ぞと仰すれば、―・んで飛び去らず」〈平家・五〉
[動マ下二]ひらめる」の文語形

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ひらむ【平む】

( 動四 )
平たくなる。 「 - ・みたる松を見やりて/宇津保 楼上・下
ひれ伏す。 「文挟ふばさみに文を指して目の上に捧げて-・みて橋の許に寄り来たりて跪ひざまずきて居たり/今昔 27
( 動下二 )
平たくする。 「弓を-・め矢を引きそばめて/平治

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android