コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

平均人 へいきんじんhomme moyen

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

平均人
へいきんじん
homme moyen

ベルギーの統計学者 L.ケトレが想定した人間の型。彼は確率論を基礎にして,人間そのものと社会生活のあらゆる側面について系統的な集団観察を行い,観測値の平均が真値の近似値となるように,観察の平均値から一定時期における人間の典型的性質をそなえた「平均人」を導き出した。社会生活の構造的,歴史的な把握には欠けるが,近代統計学に対する社会的な関心を喚起した概念。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の平均人の言及

【数理統計学】より

…また国勢調査を手がけたり,第1回の国際統計学会を組織するなど統計学の多方面で活躍した。彼のもっていた〈平均人〉という概念は,人々のもつ各種の標識の測定値が正規分布に従って平均値のまわりに分布すると考え,その平均値をもつものを指していた。そのような考え方は母集団の概念を導入するうえで役だったのである。…

※「平均人」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

平均人の関連キーワードパプア・ニューギニア議員定数不均衡訴訟アウトサイダー待ち行列理論エリート理論タジキスタン期待可能性デンマークケトレー平均寿命定住圏共進会罹病率巨人症天才家族

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

平均人の関連情報