コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

平均輸出性向 へいきんゆしゅつせいこうaverage propensity to export

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

平均輸出性向
へいきんゆしゅつせいこう
average propensity to export

一国経済がどれだけ輸出に依存しているかを示す指標で,輸出金額の国民総生産 (あるいは国民所得) に対する比率で表わす。たとえばアメリカは国内の資源が豊かであるため平均輸出性向は 10%程度となっている。これに対してヨーロッパ連合 EU加盟諸国では,国内資源が少く域内での水平分業が盛んであるため,20%前後の数値を示す国が多い。日本は国内資源は少いものの,国内市場が巨大で,かつ EU諸国のように近隣に水平分業を行いうる諸国も少いため,平均輸出性向は 15%程度となっている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android