コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

平塚為広女 ひらつか ためひろの むすめ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

平塚為広女 ひらつか-ためひろの-むすめ

?-? 織豊-江戸時代前期の女性。
慶長5年(1600)関ケ原の戦い西軍に味方した父が戦死し,京都にひそむ。所司代板倉勝重にみつけられると,乳母にふたりの男児をあずけてにがす。逮捕に応じるふりをし,かくしもった鉄棒で与力や同心を死傷させ,馬で逃走したという。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

今日のキーワード

天地無用

運送する荷物などに表示する語で、破損の恐れがあるため上と下を逆にしてはいけない、の意。[補説]文化庁が発表した平成25年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「上下を逆にしてはいけない」で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android