男児(読み)だんじ

精選版 日本国語大辞典「男児」の解説

だん‐じ【男児】

〘名〙
① おとこ。男性。また、立派な男。ますらお。男子
※文華秀麗集(818)中・奉和春閨怨〈菅原清公〉「男児好事方有
※花柳春話(1878‐79)〈織田純一郎訳〉二〇「男児の正義に由て青の志を達し」 〔杜牧‐題烏江亭詩〕
男の子ども。少年。男子。〔新編教育学(1894)〕
※二人だけの旅(1970)〈津村節子〉「サインペンで、何歳用女児服冬物、あるいは男児半ズボンなどと書き」 〔陶潜‐責子詩〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

普及版 字通「男児」の解説

【男児】だんじ

おとこ。丈夫。〔張中丞()伝後叙〕陷る。を以て脅(おびやか)し、さんとす。屈せず。~(南)霽雲をさんとす。雲未だ應ぜず。、雲を呼んで曰く、南、男兒死せんのみ。不義の爲に屈すべからずと。

字通「男」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

半夏生

半夏ともいう。七十二候の一つで,本来は夏至後 10日目から小暑の前日までをいったが,現行暦では太陽の黄経が 100°に達する日 (7月1日か2日) を半夏生とし,雑節の一つとして記載している。この頃半...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android