コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

平実雄 たいらの さねお

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

平実雄 たいらの-さねお

?-? 平安時代前期の官吏。
平高棟(たかむね)の子。桓武(かんむ)天皇の曾孫。仁寿(にんじゅ)3年(853)従五位下となる。治部少輔(じぶのしょう),信濃守(しなののかみ),弾正少弼(だんじょうのしょうひつ)を歴任,従五位上にすすむ。貞観(じょうがん)7年(865)式部省郡司(ぐんじ)選考結果の奏上(郡司読奏)において式部少輔として名簿をよみあげた。名は実範とも。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

平実雄の関連キーワード平高棟

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android