コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

平所埴輪窯址 ひらどころはにわかまあと

1件 の用語解説(平所埴輪窯址の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ひらどころはにわかまあと【平所埴輪窯址】

島根県松江市矢田町平所に所在する。意宇(おう)平野の北部を限る丘陵地帯にあり,茶臼山北東麓の緩斜面上に,焚口(たきぐち)を谷に向けて築かれる。国道9号線バイパス建設工事に伴う埋蔵文化財調査によって発見され,1975,76年に島根県教育委員会が発掘した。窯は1基にとどまり,トンネル状の窖窯(あながま)構造をもつ。窯体の上部は失われていたが,残存長5.8m,幅1.2~1.55m,窯底の傾斜角10~15度を測る。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

平所埴輪窯址の関連キーワード島根松江城松江平野美保関諸手船島根大学袖師浦布志名焼秋鹿なぎさ公園旭天祐

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone