コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

平所埴輪窯址 ひらどころはにわかまあと

世界大百科事典 第2版の解説

ひらどころはにわかまあと【平所埴輪窯址】

島根県松江市矢田町平所に所在する。意宇(おう)平野の北部を限る丘陵地帯にあり,茶臼山北東麓の緩斜面上に,焚口(たきぐち)を谷に向けて築かれる。国道9号線バイパス建設工事に伴う埋蔵文化財調査によって発見され,1975,76年に島根県教育委員会が発掘した。窯は1基にとどまり,トンネル状の窖窯(あながま)構造をもつ。窯体の上部は失われていたが,残存長5.8m,幅1.2~1.55m,窯底の傾斜角10~15度を測る。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android