コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

平時高 たいらの ときたか

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

平時高 たいらの-ときたか

1196-1254 鎌倉時代の公卿(くぎょう)。
建久7年生まれ。平親輔(ちかすけ)の次男。刑部権大輔(ぎょうぶのごんのたいふ),中宮大進(ちゅうぐうのだいじょう),備中守(びっちゅうのかみ),蔵人頭(くろうどのとう)などを歴任し,寛元3年従三位となる。建長6年従二位にすすみ,同年3月26日死去。59歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

平時高の関連キーワード鎌倉時代公卿

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android