蔵人頭(読み)くろうどのとう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

蔵人頭
くろうどのとう

蔵人所の長官。この上に別当がおかれたが,大臣の兼任であったので,蔵人頭が常に天皇の側近にはべり,勅命の伝達,上奏の取次ぎを行い,殿上人の指揮監督にあたった。定員は2名で,四位の殿上人から選ばれた。弁官から1人 (頭弁) ,近衛中将から1人 (頭中将) が補任されるのが例であった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

くろうどのとう【蔵人頭】

蔵人所の別当に次ぐ職。定員は二名で、一人は弁官から、一人は近衛中将から任じ、それぞれ頭弁・頭中将といい、殿上の大小の事務をつかさどった。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の蔵人頭の言及

【蔵人所】より

…これが蔵人所のはじまりである。設置当初の蔵人頭としては藤原冬嗣,巨勢野足,蔵人としては朝野鹿取,清原夏野,百済王勝義らの名がみえる。
[役割]
 その職掌は機密文書および訴訟のことであったとされるが,より具体的には,弁官局,衛府,式部省,中務(なかつかさ)省,春宮(とうぐう)坊等の実務官人を殿上に集中し,緊急事態発生の際には詔勅の速やかな伝達と機密保持をはかる一方,弁官における告訴の受理,式部省における人事,衛府の軍事力等を天皇の直接の指揮下に置き,同時に春宮の動向をも把握しようとするものであったと思われる。…

【執権】より

…この制は1069年(延久1)の記録所の設置にさかのぼるが,勾当を執権と称したことが確認できるのは1186年(文治2)以後である。また蔵人の中でとくに蔵人頭を執権職事(しつけんのしきじ)ということもあった。次に院庁では別当の中で器量の者1名を執権に任じ,院中雑務の責任者とした。…

【弁官】より

…これは飛鳥浄御原令の官制で太政官内に編入され,左・右に分化し,官職も大弁,中弁,少弁の三等となったが,そのさらに拡充されたのが大宝令官制以後の左・右の弁官である。弁官は律令政治のかなめとなる機関であったから,弁は劇職であるとともに要職であって,9世紀に天皇近侍の職として蔵人所(くろうどどころ)が置かれると,蔵人頭(くろうどのとう)2人のうちの1人はかならず弁に任じている者が兼ねた。これを頭弁(とうのべん)という。…

※「蔵人頭」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android