コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大空位時代 だいくういじだいInterregnum

翻訳|Interregnum

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大空位時代
だいくういじだい
Interregnum

神聖ローマ皇帝 (ドイツ王) の事実上の空位時代 (1254/6~73) 。 Interregnumという語は,ローマ王政時代に,王の死後その後継者が選出されるまでの間,中間王 Interrexが任命されて統治にあたった期間の政治体制を意味したが,歴史上では神聖ローマ帝国の空位時代をさす。中世後半のドイツでは皇帝権力が衰えた反面,諸侯の権力は増大し,1250年ホーエンシュタウフェン朝の皇帝フリードリヒ2世が死んだあと,子のコンラート4世帝位 (王位) を継いだが,47年対立皇帝 (王) としてウィルヘルム・フォン・ホラントも帝位についていた。両者が没したあと,皇帝 (王) が濫立して帝位は安定しなかった。大空位時代はコンラートの没した 54年か,ウィルヘルムの没した 56年から始ったとされ,73年ハプスブルク家ルドルフ1世が皇帝に選ばれてようやく帝権が安定し大空位時代が終った。この事件は,形式上最高の栄誉をになった神聖ローマ皇帝の政治的実権がいかに微弱であったかを示すとともに,ドイツにおいていかに諸侯の地方分権が進んだかを象徴している。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

だい‐くういじだい〔‐クウヰジダイ〕【大空位時代】

神聖ローマ帝国の皇帝位が実質的に空位であった時代。1254年(または1256年)のホーエンシュタウフェン朝の断絶から、1273年のハプスブルク朝の成立まで。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

大空位時代【だいくういじだい】

ドイツ史上,1254年(または1256年)から1273年の間神聖ローマ皇帝の位が実質的に空位だった時代。1254年シュタウフェン朝が断絶。オランダ伯ウィルヘルムが即位したが1256年死亡。
→関連項目アルフォンソ[10世]ハイルブロンライン都市同盟

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

だいくういじだい【大空位時代 Interregnum】

ドイツ史のなかで,シュタウフェン朝の没落からハプスブルク家ルドルフ1世の登位(1273)にいたる,神聖ローマ皇帝不在の時期を指す呼称。開始時期については二,三の異説がある。すでにその状況は,1245年,教皇派諸侯によるフリードリヒ2世帝廃位宣言とそれに続く対立ドイツ国王チューリンゲン方伯ハインリヒ・ラスペ(在位1246‐47)およびウィルヘルム・フォン・ホラント(在位1247‐56)の出現した時代に端を発していたが,56年のウィルヘルムの死をもって大空位期に入るとするのが通説である。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

だいくういじだい【大空位時代】

シュタウフェン朝滅亡後の1256年(または一二五四)から73年の神聖ローマ皇帝が実質上空位だった時代。ハプスブルク家のルドルフ一世の即位で終結。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

大空位時代
だいくういじだい
Interregnumラテン語

ホーエンシュタウフェン朝の没落から、ハプスブルク家のルードルフ1世の即位まで、ドイツにおいて名目上の国王のみで実質的支配者が存在しなかった時期(1256~73)。1254年、国王コンラート4世Konrad(在位1250~54)の死によりホーエンシュタウフェン朝は断絶し、彼の生前から対立国王に選出されていたウィルヘルム・フォン・ホラントWilhelm von Holland(1227/28―56、在位1247~56)も1256年に死亡した。この混乱のなかで、イギリス、フランスなど諸外国は、ドイツの王位を獲得すべくドイツ国内の聖俗諸侯に働きかけ、その結果、翌57年、ケルン、マインツ両大司教、ライン宮廷伯、ベーメン王が、イギリス国王ヘンリー3世の弟コーンウォール伯リチャードを、他方トリール大司教、ザクセン大公、ブランデンブルク辺境伯、ベーメン王(二重投票)はカスティーリャ王アルフォンソ10世を、それぞれドイツ国王に選んだ。だが2人ともイギリス国王とフランス国王の傀儡(かいらい)にすぎず、ほとんどドイツに姿をみせることもなかった。1272年リチャードの死とともに、このような変則状態を克服しようとする動きがおこり、二重選挙を避けるため、候補者の選定をライン宮廷伯に一任した。その結果ハプスブルク家のルードルフ1世が国王に選ばれて、大空位時代は終わった。[平城照介]
『林健太郎編『ドイツ史』新版(1977・山川出版社) ▽堀米庸三著『西洋中世世界の崩壊』(1958・岩波書店)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

大空位時代の関連キーワードリチャード[コーンウォール]ベルリーナー・アンサンブルウィーン(オーストリア)アルフォンソ[10世]ホーエンツォレルン家グレゴリウス10世ルードルフ(1世)ルドルフ[1世]シュレージエンハインリヒ7世オーストリア金印勅書マインツ皇帝政策都市同盟ライン川帝国都市領邦国家スイス終結

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android