平貞義(読み)たいらの さだよし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

平貞義 たいらの-さだよし

?-? 平安後期-鎌倉時代の武将。
平重盛の家臣。平氏滅亡ののち東北にのがれ,陸奥(むつ)宮城郡大倉(現宮城町)に重盛から託された阿弥陀如来をまつり,建久9年(1198)従者が堂をたてたとつたえられる。堂はのち西方寺となり,定義(じょうぎ)如来として信仰をあつめた。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android