平野元良(読み)ひらの げんりょう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

平野元良 ひらの-げんりょう

1790-1867 江戸時代後期の医師。
寛政2年生まれ。多紀元簡(もとやす)にまなび,江戸の両国薬研堀(やげんぼり)で開業。「診脈弁義」をあらわして診断学を整理し,天保(てんぽう)3年の「病家須知」では看護法について記述している。慶応3年死去。78歳。名は重誠。号は革谿,黙翁,真観舎。著作に「玉の卯槌(うづち)」「養性訣」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android