卯槌(読み)うづち

精選版 日本国語大辞典「卯槌」の解説

う‐づち【卯槌】

〘名〙 中古、正月初の卯の日に糸所(いとどころ)および六衛府から、内裏に邪気払いとして奉った槌。卯杖の変形したもので普通桃の木を用い、長さ三寸(約一〇センチメートル)、幅一寸(約三センチメートル)四方の直方体を作り、縦に穴をあけ、一〇本ないし一五本の五色の組糸を五尺(約一・五メートル)ばかり垂らしたもの。円形のものもあった。内裏では昼御座(ひのおまし)の西南の角の柱にかける。中国漢代の剛卯(ごうぼう)をまねた風習で民間でも行なわれ、江戸時代には初卯詣でにそのつくりものが売られた。《季・新年》
※枕(10C終)八七「御文あけさせ給へれば、五寸ばかりなるうづちふたつを、卯杖のさまに頭などをつつみて」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の卯槌の言及

【卯杖】より

鷽(うそ)替えのウソの起源を卯杖に求める説もある。なお,薬玉に似た卯槌は卯杖の変形とみられ,内裏で邪気ばらいに使われた。【蛸島 直】。…

※「卯槌」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android