コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

卯槌(読み)ウヅチ

百科事典マイペディアの解説

卯槌【うづち】

卯杖(うづえ)の変形であるともいう。桃の木で作り,五色の糸をたれ天皇の〈昼御座(ひのおまし)〉の西南にかけた。卯槌の行事を神事にするところもあり,江戸亀戸(かめいど)天神境内の妙義社では卯杖に卯槌をつけて売った。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

うづち【卯槌】

桃の木、まれに象牙ぞうげなどを長さ三寸幅一寸ほどの直方体に切り、縦に穴をあけ五色の組糸を通して垂れ下げたもの。平安時代、正月の初卯の日、悪鬼を追い払うために用いた。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の卯槌の言及

【卯杖】より

鷽(うそ)替えのウソの起源を卯杖に求める説もある。なお,薬玉に似た卯槌は卯杖の変形とみられ,内裏で邪気ばらいに使われた。【蛸島 直】。…

※「卯槌」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android