コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

平門 ヒラカド

デジタル大辞泉の解説

ひら‐かど【平門】

ひらもん(平門)」に同じ。

ひら‐もん【平門】

2本の柱の上に平たい屋根をのせた門。ひらかど。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ひらかど【平門】

ひらもん(平門)」に同じ。

ひらもん【平門】

二本の柱をたて、棟の低い平たい屋根をのせた門。ひらかど。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の平門の言及

【門】より

…平安時代の文献にはすでに見え,神社,住宅,町の木戸関所などに用いられている。平(へい)門という語は文献によく出ており,住宅の門のうち程度の低いものであったことは明らかであるが,具体的な形は明らかでない。あるいは屋根のないものをいったのであったろうか。…

※「平門」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

平門の関連キーワード林家正蔵(9世)林家 大平璹子内親王玉腰 琅々姉小路公知田中新兵衛2月25日上田甲斐子新皇嘉門院寺西元栄斎藤彦麿林家英平青木永章近藤芳樹杉浦幸雄林家正蔵横山隆一藤原祺子小谷古蔭伊達千広

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

平門の関連情報