(読み)たいら

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説


たいら

富山県南西部,南砺市南部の旧村域。飛騨山地庄川上流域にあり,南は岐阜県に接する。 2004年城端町,上平村,利賀村,井波町,井口村,福野町,福光町と合体して南砺市となった。五箇山の一部で,長い間ほとんど隔絶された山村であった。昭和初期から始まった庄川水系の電源開発に伴う道路の整備により,生活様式が変わるとともに人口も減少した。相倉合掌造の集落は国の史跡に指定,1995年世界遺産の文化遺産に登録された。産業は河岸段丘上の米作,緩傾斜面の畑作,イワナ,ニジマスの養殖,和紙の製造,民宿業などが行なわれている。南部の山岳・丘陵地帯は五箇山県立自然公園に属している。


たいら

福島県南東部,いわき市の中心地区。旧市名。 1966年近隣市町村と合体していわき市となる。慶長7 (1602) 年に鳥居氏が築城。幕末には安藤氏3万石の城下町として繁栄。その後常磐炭田の開発が進むにつれて発展。浜通り南部の文教,商業,行政の中心。工業は平地区の周辺部に工業団地がみられる。農業が主産業。賢沼 (かしこぬま) はウナギの生息地として天然記念物に指定。磐城海岸県立自然公園に属する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

たいら【平】[地名]

福島県いわき市の地名。市の中心地区。近世、安藤氏らの城下町として発展。旧平市

たいら【平】[姓氏]

姓氏の一。皇族賜姓の豪族で、桓武(かんむ)平氏・仁明(にんみょう)平氏・文徳(もんとく)平氏・光孝平氏などの流れがある。最も栄えたのは桓武平氏葛原(かつらばら)親王の流れで、高棟王(たかむねおう)の子孫は中央貴族として栄え、高望王(たかもちおう)の子孫のうち、一族は関東に勢力を築いてのちの鎌倉幕府の中核を占めた。また、高望王の曽孫維衡(これひら)の子孫は伊勢を根拠地として伊勢平氏とよばれ、平氏政権を樹立して栄えたが、文治元年(1185)壇ノ浦の戦いで滅亡した。
[補説]「平」姓の人物
平敦盛(たいらのあつもり)
平景清(たいらのかげきよ)
平兼盛(たいらのかねもり)
平清盛(たいらのきよもり)
平国香(たいらのくにか)
平維衡(たいらのこれひら)
平維茂(たいらのこれもち)
平維盛(たいらのこれもり)
平貞文(たいらのさだふん)
平貞盛(たいらのさだもり)
平滋子(たいらのしげこ)
平重衡(たいらのしげひら)
平重盛(たいらのしげもり)
平高望(たいらのたかもち)
平忠常(たいらのただつね)
平忠度(たいらのただのり)
平忠正(たいらのただまさ)
平忠盛(たいらのただもり)
平時子(たいらのときこ)
平時忠(たいらのときただ)
平徳子(たいらのとくこ)
平知盛(たいらのとももり)
平教経(たいらののりつね)
平教盛(たいらののりもり)
平将門(たいらのまさかど)
平政子(たいらのまさこ)
平正盛(たいらのまさもり)
平宗盛(たいらのむねもり)
平康頼(たいらのやすより)
平良門(たいらのよしかど)
平頼盛(たいらのよりもり)

ひょう〔ヒヤウ〕【平】

平声(ひょうしょう)」の
平調(ひょうじょう)」の略。

ひょう【平/兵】[漢字項目]

〈平〉⇒へい
〈兵〉⇒へい

びょう【平/屏】[漢字項目]

〈平〉⇒へい
〈屏〉⇒へい

ひら【平】

[名]
たいらであること。また、そのもの。「手の」「積み」「屋」
普通であること。並みであること。また、組織などで、役職についていないこと。「入社以来に甘んじている」「侍」
建物の大棟(おおむね)に平行な側面。⇔
平椀(ひらわん)」の略。おひら。
平土間」の略。
平織(ひらお)り」の略。
[接頭]動作性の意の名詞に付いて、ただひたすらに…する、の意を表す。「あやまり」「攻め」

へい【平】[漢字項目]

[音]ヘイ(漢) ビョウ(ビャウ)(呉) ヒョウ(ヒャウ)(慣) [訓]たいら ひら
学習漢字]3年
〈ヘイ〉
凹凸や傾斜がない。たいら。「平原平坦(へいたん)平地平版平面平野水平地平扁平(へんぺい)
たいらにする。「平身平定平伏
一様で、かたよりがない。「平均平衡公平
特に変わった様子がなく、おだやかである。「平安平穏平気平静平和昌平太平治平不平和平
特別の事のないこと。ふだん。普通。「平日平常平素平熱平凡平民
四姓の一。平(たいら)氏。「平家源平
平方。平方根。「平米開平
〈ビョウ〉かたよりがない。「平等
〈ヒョウ〉漢字の四声の一。平声(ひょうしょう)。「平字平仄(ひょうそく)
〈ひら(びら)〉「平手平家(ひらや)平仮名生平(きびら)
[名のり]おさむ・さね・たか・つね・とし・なり・なる・はかる・ひとし・まさる・もち・よし
[難読]難平(なんぴん)半平(はんぺん)平伏(ひれふ)す

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

平【たいら】

福島県いわき市の一地区。1937年市制の旧平市の地区で,1966年合併によりいわき市となった。夏井川の段丘上に市街があり,近世は城下町,明治以降は常磐炭田の中心として発展。常磐線と磐越東線の分岐点で,商業が活発,機械・ガラス・製糸工場もある。→磐城平藩
→関連項目磐越東線

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

たいら【平】

福島県いわき市内の地名。いわき市の中心地区で、商業・行政・文教機能が集中。旧、平市。江戸時代は鳥居氏・安藤氏などの城下町。

たいら【平】

姓氏の一。臣籍に下った皇族に賜った姓。
桓武平氏。諸流あるが、桓武天皇皇子の葛原かつらはら親王を祖とする流れが最も盛ん。親王の子高棟王(平高棟)の子孫は廷臣として活躍、同親王の子高望たかもち王(平高望)の子孫は武士として諸流に分かれて東国に発展した。後者のうち、伊勢に根拠を置く伊勢平氏は、院政期以降、中央政界に進出し、清盛は最初の武家政権を樹立したが、やがて源頼朝に滅ぼされた。
仁明平氏。仁明天皇の皇子本康親王の後裔。
文徳平氏。文徳天皇の皇子惟彦親王の後裔。
光孝平氏。光孝天皇の皇子是忠親王の後裔。

だいら【平】

地名の下に付いて、山間の平地であることを表す。 「善光寺-」

ひょう【平】

平韻ひよういん」に同じ。また、平韻の字。 ⇔ そく

ひら【平】

[1] ( 名 )
平らなこと。ひらたいこと。 「 -屋根」
平凡なこと。並みであること。 「 -商人あきんど
役職についていないこと。 「 -の社員」
建物の大棟に平行な側。 ⇔ つま
平織り」に同じ。
本の部分の名。製本で、表紙の平らな部分。 → 製本
平椀ひらわん」の略。
( 接頭 )
動作性の意の名詞に付いて、ただひたすらに…するの意を表す。 「 -あやまり」 「 -押し」

へい【平】

高低やでこぼこのないこと。
落ち着いていること。 「栗のきんとんを…周章あわてて嚥下のみくだし物-を得ざれば/かくれんぼ 緑雨

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔福島県〕平(たいら)


福島県いわき市の中心地区。旧平市が1966年(昭和41)に周辺4市4町5村と合併、いわき市となる。江戸時代、譜代大名各氏が領した城下町地区。JR常磐(じょうばん)線から磐越東(ばんえつとう)線が分岐する。駅南側の市街地は同県南東部の行政・商業・文化の中心。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

たいら たひら【平】

[一] 姓氏の一つ。
[二] 平安初期、天皇から皇子に姓を賜わって生まれた諸流の一つ。桓武平氏・仁明平氏文徳平氏・光孝平氏などがあり、中でも桓武天皇の皇子の葛原親王の流れをくむものが古くから栄えた主流で、特に伊勢に地盤を築いた平維衡の一流は伊勢平氏と呼ばれ、正盛・忠盛の頃から中央政界に進出。清盛のときに政権について勢力を極めたが、源頼朝との抗争で宗盛の代に壇ノ浦で滅んだ。伊勢平氏以外の諸流は地方に土着して、鎌倉幕府の有力御家人となった。へいけ。へいし。

た‐いら ‥ひら【平】

(「ひら(平)」に接頭語「た」の付いたものか)
[1] 〘形動〙
高低・凹凸のないさま。傾斜や起伏のないさま。ひらたいさま。たいらか。
※書紀(720)神代下「浮渚在(うきじまり)平処(タヒラ)に立たして〈立於浮渚在平処、此をば羽企爾磨梨陀毗邏而陀陀志(うきじまりタヒラにたたし)と云ふ〉」
※伊勢物語(10C前)八二「おしなべて峯もたひらになりななむ山の端なくは月も入らじを」
② 平均であるさま。
※新浦島(1895)〈幸田露伴〉八「此の公債の利子が〈略〉五分と平(タヒラ)に定ったで」
③ 性格が落ち着いているさま。気分などにむらがなく安定しているさま。
※都会(1908)〈生田葵山〉荒野「幾分か心が平坦(タヒラ)になった」
④ ひざや足などの構えをくずして、楽なすわり方をするさま。
※洒落本・辰巳之園(1770)「さあ、みんな平(タイラ)に平(タイラ)に。〈略〉是是、屋敷はやしき、爰はここじゃ、平(タイラ)にし給へ」
[2] 〘名〙 暦の十二直の一つ。婚礼、転宅等には吉、種まき、みぞほり等には凶という日。
※人情本・春色梅児誉美(1832‐33)序「建とは仕立の切形よく、平(タイラ)は表紙に凹(むら)もなく」
[3] 福島県いわき市の地名。旧平市。夏井川の下流域を占める。慶長七年(一六〇二)鳥居氏一〇万石の城下町となり、のち、内藤氏七万石、井上氏六万石、安藤氏五万石が入封。常磐炭田の開発が進むにつれて浜通り第一の消費都市に発展した。昭和一二年(一九三七)市制。同四一年周辺市町村と合併していわき市が成立、市役所が置かれ市の中心となる。
[語誌](1)「名義抄」や「色葉字類抄」では「平」に「タヒラ」と「タヒラカ」の訓が併記されているが、訓点資料などでは平・夷をタヒラカと訓む例が多い。
(2)「たいら」と「たいらか」の意味の違いははっきりしないが、抽象的な物事については多く「たいらか」が用いられた。

たいらぎ たひらぎ【平】

〘名〙 (動詞「たいらぐ(平)」の連用形の名詞化) たいらぐこと。なかなおり。和睦。平和。
※三体詩幻雲抄(1527)「懐王恐て太子を斉に質して平きを求ぞ」

たいら・ぐ たひらぐ【平】

[1] 〘自ガ四〙
① 起伏がなく平らになる。平坦になる。
更級日記(1059頃)「山の頂の少し平ぎたるより、煙は立ちのぼる」
② 乱れやさわぎなどが平穏にしずまる。また、乱れやさわぎが起こらないで平安である。
※栄花(1028‐92頃)玉の飾「御もののけたひらぎたるさまなれば」
③ 病気がなおる。平癒する。
※天理本金剛般若経集験記平安初期点(850頃)「了然(さやか)に痊復(タヒラキ)ぬ」
※読本・南総里見八犬伝(1814‐42)九「病着(いたつき)いよよ平(タヒラ)ぎ給へば」
[2] 〘他ガ下二〙 ⇒たいらげる(平)

たいら・げる たひらげる【平】

〘他ガ下一〙 たひら・ぐ 〘他ガ下二〙
① 物の起伏をなくす。高低をなくす。平らにする。ならす。
※万葉(8C後)一七・三九五七「夕庭に 踏み多比良気(タヒラゲ)ず」
※栄花(1028‐92頃)うたがひ「この山の頂をたいらげさせ給て」
② さまたげとなるものを、平定する。討ちしずめる。退治する。取り除く。
※書紀(720)神代下(兼方本訓)「経津主神、岐(くなと)の神を以て郷導(くにのみちひき)と為て、周流(めぐり)つつ削平(タヒラク)
※平家(13C前)一〇「度々の朝敵をたいらげ」
③ 食べ物や飲み物を、残らず食べつくす、または飲みつくす。
※雑俳・柳多留拾遺(1801)巻一九「ひやめしをたいらげて行下女がはは」

ひょう ヒャウ【平】

〘名〙 (「ひょう」は「平」の慣用音)
※作文大体(1108頃か)「鶴膝病者五言上句第二字与不句第九字、下同平上去入是也」
② 「ひょうじょう(平調)」の略。〔拾芥抄(13‐14C)〕

ひら【平】

[1] 〘名〙
① (形動) たいらであること。平坦ででこぼこがないこと。また、そのさま。
※枕(10C終)一六一「屋のさまいとひらにみじかく瓦ぶきにて、唐めき」
② (形動) なみであること。普通であること。特別でないこと。また、そのさまやそのもの。
※玉塵抄(1563)七「平のほしい時にせうずる酒のわるいを魯薄と異名に云たぞ」
※今年竹(1919‐27)〈里見弴〉夏霜枯「平(ヒラ)の座敷では可なり我儘に振舞ってゐる春代も、旦那の前には」
③ ある組織のなかにいて、役職につかず指揮権をもっていないこと。また、そのさまやその人。
※桐畑(1920)〈里見弴〉好敵手「むかうは支店長の令嬢で、こっちは平(ヒラ)の書記だった」
④ 建物の大棟に平行な側面。⇔端(つま)
⑤ 「ひらおり(平織)」の略。
⑥ 「ひらわん(平椀)」、また、「ひらざら(平皿)」の略。おひら。
※浮世草子・好色五人女(1686)二「近所の出入のかかども集り椀家具壺平(ヒラ)るすちゃつ迄取さばき」
⑦ 「ひらどま(平土間)」の略。
※談義本・八景聞取法問(1754)二「此中も太夫の一より平(ヒラ)の三迄続きさじき、客は大身とおぼしく」
⑧ 「ひらがわら(平瓦)」の略。
※滑稽本・大千世界楽屋探(1817)下「棟も平(ヒラ)も指替に為ったが、爰で昔瓦の根性骨を見せる所さ」
⑨ 「ひらてん(平点)」の略。
※俳諧・染糸(1704)「添削古法は、長・珍重・平、この三つの外なし。〈略〉平は勿論点の通りにして、別の子細なし」
※光台一覧(1775か)三「諸家之内、平と申衆中は、花園(園家)、橋本(三条家)〈略〉藤原、源家の庶流、家筋に依て役も無之故、平と申なり」
⑪ 魚「たい(鯛)」の異名。
※日本釈名(1699)中「鯛(たい)〈略〉又俗語に、ひらと云」
[2] 〘語素〙
① 名詞の上に付けて、平らである意を表わす。「平茶碗」「平屋」など。
② 名詞の上に付けて、なみである、特別でないの意を表わす。「平百姓」「平侍」など。
[3] 〘接頭〙 動作性の意をもった語の上に付けて、ただいちずに、ひたすらにの意を添える。「ひらあやまり」「ひら押し」など。

ひら・い【平】

〘形口〙 ひら・し 〘形ク〙 たいらである。ひらたい。
※史記抄(1477)一二「は匕箸と云て、はしのさきのひらいものぞ」

ひらか【平】

〘名〙 歯の浅い下駄。平足駄。また、駒下駄。多く東北地方でいう。ひらかけ。
※御伽草子・弁慶物語(未刊国文資料所収)(室町末)「くだんのひらかさしはきて」

ひら・し【平】

〘形ク〙 ⇒ひらい(平)

ひら‐た・い【平】

〘形口〙 ひらた・し 〘形ク〙
① 厚さが少なくて、横に広い。また、平坦で凹凸がない。たいらである。ひらったい。
※浮世草子・好色三代男(1686)四「茶屋染のかたびらに黒の帯ひらたく、木綿たびの清きをはいて行を」
※開化の入口(1873‐74)〈横河秋濤〉下「頭尖り鼻平坦(ヒラタ)く、唇厚く」
② 角だたずまるみがある。柔らかい。やさしい。また、腰が低い。
※歌舞伎・宿無団七時雨傘(1768)一「情婦(いろ)に離れるに依って厭ぢゃ、何と平(ヒラ)たいものか」
※明暗(1916)〈夏目漱石〉一〇四「彼は何時の間にかお延に対して平(ヒラ)たい旦那様になってゐた」
③ わかりやすい。通俗である。平易である。ひらったい。
※浄瑠璃・伽羅先代萩(1785)七「表裏を以て郡内を貪掠(むさぼりかすめ)る明衡殿。ひらたう言ばマア国賊」
※社会百面相(1902)〈内田魯庵〉鉄道国有「私しの考を平たくお咄し申すと」
④ 押しが強い。無遠慮である。ずぶとい。ひらたくたい。
※評判記・吉原すずめ(1667)上「いんぎん過たるも、何とやらん、しょしんめきたり、又、あまりひらたきもわろし」
ひらた‐さ
〘名〙

ひら‐た・し【平】

〘形ク〙 ⇒ひらたい(平)

ひらっ‐た・い【平】

〘形口〙 (「ひらたい」の変化した語)
※滑稽本・八笑人(1820‐49)初「眼のしょぼしょぼした鼻のひらったい、歯の黄ろい」
※洒落本・辰巳婦言(1798)四つ明の部「こうこういふ利屈の狂言でごぜへすと、嵐がたてをする様にひらったくあらわせろ」
ひらった‐さ
〘名〙

ひら‐・ぶ【平】

[1] 〘自バ四〙 =ひらむ(平)(一)
発心集(1216頃か)四「掌を合て敬ひをがみてひらびゐぬ」
[2] 〘他バ下二〙 =ひらむ(平)(二)

ひら‐・む【平】

[1] 〘自マ四〙
① 平たくなる。ひらぶ。
※竹取(9C末‐10C初)「手にひらめる物さはる時に」
② 平伏する。ひらぶ。
※今昔(1120頃か)二七「文挟に文を指て、目の上に捧て平みて」
③ 恐れて勢いが弱る。気力がくじける。
※幸若・ほり川(室町末‐近世初)「大のまなこににらまれて、すこしひらむ其隙に」
[2] 〘他マ下二〙 ⇒ひらめる(平)

ひら‐・める【平】

〘他マ下一〙 ひら・む 〘他マ下二〙 ひらたくする。たいらにする。
※平治(1220頃か)上「弓をひらめ、矢をそばめて通し奉る」

へい【平】

〘名〙
① (形動) 高低やでこぼこがないこと。また、水平であること。また、そのさま。たいら。
※小学読本(1874)〈榊原・那珂・稲垣〉二「方を度るには、矩を法とし、平を取るには準を以てし、直を知るには、縄を則とす」 〔淮南子‐本経訓〕
② (形動) ごくあたりまえであること。特にかわったことがなく、おだやかであること。わだかまりのないこと。また、そのさま。平穏。
※正法眼蔵(1231‐53)夢中説夢「平をうるに平をみるなり」 〔荘子‐盗跖〕
③ (形動) 力などの平衡を保つこと。また、そのさま。
※経国美談(1883‐84)〈矢野龍渓〉後「希臘の平和は列国の権衡其の平を得るに在り」
④ 熱、寒などの四気のいずれをも兼ね備えたもの。転じて、いろいろな要素を兼ね備えながら、くせのないこと。
※随筆・独寝(1724頃)上「地女は熱の物也。女郎さまは平のものなり」 〔本草綱目‐序例上・升降浮沈〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

出入国在留管理庁

政府が2019年4月に発足を予定している法務省の外局。18年12月の出入国管理法改正案成立に伴う外国人労働者の受け入れ拡大に対応するため、同省の内部部局である入国管理局を再編・格上げし、新設することが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

平の関連情報