コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

 たいら

21件 の用語解説(平の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説


たいら

富山県南西部,南砺市南部の旧村域。飛騨山地庄川上流域にあり,南は岐阜県に接する。 2004年城端町,上平村,利賀村,井波町,井口村,福野町,福光町と合体して南砺市となった。五箇山の一部で,長い間ほとんど隔絶された山村であった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。


たいら

福島県南東部,いわき市の中心地区。旧市名。 1966年近隣市町村と合体していわき市となる。慶長7 (1602) 年に鳥居氏が築城。幕末には安藤氏3万石の城下町として繁栄。その後常磐炭田の開発が進むにつれて発展。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

たいら【平】[地名]

福島県いわき市の地名。市の中心地区。近世、安藤氏らの城下町として発展。旧平市。

たいら【平】[姓氏]

姓氏の一。皇族賜姓の豪族で、桓武(かんむ)平氏・仁明(にんみょう)平氏・文徳(もんとく)平氏・光孝平氏などの流れがある。最も栄えたのは桓武平氏葛原(かつらばら)親王の流れで、高棟王(たかむねおう)の子孫は中央貴族として栄え、高望王(たかもちおう)の子孫のうち、一族は関東に勢力を築いてのちの鎌倉幕府の中核を占めた。また、高望王の曽孫維衡(これひら)の子孫は伊勢を根拠地として伊勢平氏とよばれ、平氏政権を樹立して栄えたが、文治元年(1185)壇ノ浦の戦いで滅亡した。
[補説]「平」姓の人物
平敦盛(たいらのあつもり)
平景清(たいらのかげきよ)
平兼盛(たいらのかねもり)
平清盛(たいらのきよもり)
平国香(たいらのくにか)
平維衡(たいらのこれひら)
平維茂(たいらのこれもち)
平維盛(たいらのこれもり)
平貞文(たいらのさだふん)
平貞盛(たいらのさだもり)
平滋子(たいらのしげこ)
平重衡(たいらのしげひら)
平重盛(たいらのしげもり)
平高望(たいらのたかもち)
平忠常(たいらのただつね)
平忠度(たいらのただのり)
平忠正(たいらのただまさ)
平忠盛(たいらのただもり)
平時子(たいらのときこ)
平時忠(たいらのときただ)
平徳子(たいらのとくこ)
平知盛(たいらのとももり)
平教経(たいらののりつね)
平教盛(たいらののりもり)
平将門(たいらのまさかど)
平政子(たいらのまさこ)
平正盛(たいらのまさもり)
平宗盛(たいらのむねもり)
平康頼(たいらのやすより)
平良門(たいらのよしかど)
平頼盛(たいらのよりもり)

ひょう〔ヒヤウ〕【平】

平声(ひょうしょう)」の略。
平調(ひょうじょう)」の略。

ひょう【平/兵】[漢字項目]

〈平〉⇒へい
〈兵〉⇒へい

びょう【平/屏】[漢字項目]

〈平〉⇒へい
〈屏〉⇒へい

ひら【平】

[名]
たいらであること。また、そのもの。「手の」「積み」「屋」
普通であること。並みであること。また、組織などで、役職についていないこと。「入社以来に甘んじている」「侍」
建物の大棟(おおむね)に平行な側面。⇔
平椀(ひらわん)」の略。おひら。
平土間」の略。
平織(ひらお)り」の略。
[接頭]動作性の意の名詞に付いて、ただひたすらに…する、の意を表す。「あやまり」「攻め」

へい【平】[漢字項目]

[音]ヘイ(漢) ビョウ(ビャウ)(呉) ヒョウ(ヒャウ)(慣) [訓]たいら ひら
学習漢字]3年
〈ヘイ〉
凹凸や傾斜がない。たいら。「平原平坦(へいたん)平地平版平面平野水平地平扁平(へんぺい)
たいらにする。「平身平定平伏
一様で、かたよりがない。「平均平衡公平
特に変わった様子がなく、おだやかである。「平安平穏平気平静平和昌平太平治平不平和平
特別の事のないこと。ふだん。普通。「平日平常平素平熱平凡平民
四姓の一。平(たいら)氏。「平家源平
平方。平方根。「平米開平
〈ビョウ〉かたよりがない。「平等
〈ヒョウ〉漢字の四声の一。平声(ひょうしょう)。「平字平仄(ひょうそく)
〈ひら(びら)〉「平手平家(ひらや)平仮名生平(きびら)
[名のり]おさむ・さね・たか・つね・とし・なり・なる・はかる・ひとし・まさる・もち・よし
[難読]難平(なんぴん)半平(はんぺん)平伏(ひれふ)す

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

平【たいら】

福島県いわき市の一地区。1937年市制の旧平市の地区で,1966年合併によりいわき市となった。夏井川の段丘上に市街があり,近世は城下町,明治以降は常磐炭田の中心として発展。
→関連項目磐越東線

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

たいら【平】

福島県いわき市内の地名。いわき市の中心地区で、商業・行政・文教機能が集中。旧、平市。江戸時代は鳥居氏・安藤氏などの城下町。

たいら【平】

姓氏の一。臣籍に下った皇族に賜った姓。
桓武平氏。諸流あるが、桓武天皇皇子の葛原かつらはら親王を祖とする流れが最も盛ん。親王の子高棟王(平高棟)の子孫は廷臣として活躍、同親王の子高望たかもち王(平高望)の子孫は武士として諸流に分かれて東国に発展した。後者のうち、伊勢に根拠を置く伊勢平氏は、院政期以降、中央政界に進出し、清盛は最初の武家政権を樹立したが、やがて源頼朝に滅ぼされた。
仁明平氏。仁明天皇の皇子本康親王の後裔。
文徳平氏。文徳天皇の皇子惟彦親王の後裔。
光孝平氏。光孝天皇の皇子是忠親王の後裔。

だいら【平】

地名の下に付いて、山間の平地であることを表す。 「善光寺-」

ひょう【平】

平韻ひよういん 」に同じ。また、平韻の字。 ↔ そく

ひら【平】

[1] ( 名 )
平らなこと。ひらたいこと。 「 -屋根」
平凡なこと。並みであること。 「 -商人あきんど
役職についていないこと。 「 -の社員」
建物の大棟に平行な側。 ↔ つま
平織り 」に同じ。
本の部分の名。製本で、表紙の平らな部分。 → 製本
平椀ひらわん 」の略。
( 接頭 )
動作性の意の名詞に付いて、ただひたすらに…するの意を表す。 「 -あやまり」 「 -押し」

へい【平】

高低やでこぼこのないこと。
落ち着いていること。 「栗のきんとんを…周章あわてて嚥下のみくだし物-を得ざれば/かくれんぼ 緑雨

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

食器・調理器具がわかる辞典の解説

ひら【平】

「平椀(ひらわん)」の略。⇒平椀

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典の解説

〔福島県〕平(たいら)


福島県いわき市の中心地区。旧平市が1966年(昭和41)に周辺4市4町5村と合併、いわき市となる。江戸時代譜代大名各氏が領した城下町地区。JR常磐(じょうばん)線から磐越東(ばんえつとう)線が分岐する。駅南側の市街地は同県南東部の行政・商業・文化の中心。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

平の関連キーワード一・壱・壹一打ち逸・一・佚・溢・逸一再国方事欠けざら見出づ真し一本木

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

平の関連情報