年寒くして松柏の凋むに後るるを知る(読み)トシサムクシテショウハクノシボムニオクルルヲシル

デジタル大辞泉の解説

年(とし)寒くして松柏(しょうはく)の凋(しぼ)むに後(おく)るるを知る

《「論語」子罕から》寒い冬にこそ、他の植物がしおれても、松や柏(このてがしわ)は緑を保っていることがわかる。人の真価艱難(かんなん)にあって初めて知られるたとえ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

とし【年】 寒(さむ)くして松柏(しょうはく)の凋(しぼ)むに後(おく)るるを知(し)

(「論語‐子罕」の「子曰、歳寒然後知松柏之後一レ凋也」による。寒い冬に他の植物はしおれても松や児手柏(このてがしわ)は緑の色を保っている意) 艱難(かんなん)にあって後、人の真の価値がはじめてわかる、また、通常の時は君子も常人と違わないが、事変にあうとその真価が現われることのたとえ。〔文明本節用集(室町中)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

リテラシー

1 読み書き能力。また、与えられた材料から必要な情報を引き出し、活用する能力。応用力。2 コンピューターについての知識および利用能力。→コンピューターリテラシー3 情報機器を利用して、膨大な情報の中か...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android