事変(読み)ジヘン

デジタル大辞泉の解説

じ‐へん【事変】

天変地異や突発的な騒動などの、非常の出来事。変事。
警察力では抑えきれず、軍隊の出動を必要とする程に拡大した騒乱。
宣戦布告なしに行われる国家間の戦闘行為。「満州事変

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

じへん【事変】

異常な出来事。天災や騒動など。 「 -の起こる前兆か」
国家にとって治安を乱すような騒乱。
宣戦布告なしに行われる、国と国との武力行為。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

じ‐へん【事変】

〘名〙
① 異常なできごと。天災などの変事や突発的な騒動。事件。
※愚管抄(1220)六「この春三星合とて大事なる天変のありける。〈略〉その雨晴れて後は犯分とをくさりて、この大事変ついに消えにけり」 〔史記‐平準書賛〕
② 事態の変化。世事の変易。
※絅斎先生敬斎箴講義(17C末‐18C初)「理が一つじゃと不謂、やはり人情事変で語られたは、扨々親切なることじゃ」 〔詩経‐大序〕
③ 特に近代、警察力ではしずめ得ないほどに拡大した騒乱。また、宣戦布告なしに行なわれる国際間の武力行為。
※太政官布告第四三号‐明治一五年(1882)八月一三日・一条「徴発令は戦時若くは事変に際し」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

事変の関連情報