コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

艱難 カンナン

デジタル大辞泉の解説

かん‐なん【×艱難】

[名・形動](スル)困難に出あって苦しみ悩むこと。また、そのさま。「艱難をしのぐ」
「現状に屏息(へいそく)せず―して一路の光明を求め」〈有島・星座〉
「初めから、―な生活を送るつもりだ」〈藤村

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かんなん【艱難】

( 名 ) スル
災難や困難。 「老年に至りて-する/塩原多助一代記 円朝
[句項目]

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

艱難の関連キーワード年寒くして松柏の凋むに後るるを知る玉・珠・球・弾・弾丸・璧過ぎ越しの祭・過越しの祭ルイス・デ・アラルコン難・南・男・納・軟・難あゝ玉杯に花うけて長頸烏喙・長頚烏喙塩原多助一代記オデュッセウスおもな四字熟語人生行路難し十一谷義三郎ギリシア神話貴種流離譚オセアニア『西遊記』難艱・難堪笹野名槍伝実業之日本歳寒の松柏

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

艱難の関連情報