艱難(読み)かんなん

精選版 日本国語大辞典「艱難」の解説

かん‐なん【艱難】

〘名〙 (形動) 困難な目にあうこと。つらい目にあうこと。苦労をすること。また、そのさま。
※万葉(8C後)一五・三六四四・題詞「於是追悽惆作歌八首」
※仮名草子・智恵鑑(1660)一「艱難(カンナン)をしのぎて後、大功をあらはし」 〔書経‐無逸〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「艱難」の解説

かん‐なん【×艱難】

[名・形動](スル)困難に出あって苦しみ悩むこと。また、そのさま。「艱難をしのぐ」
「現状に屏息へいそくせず―して一路の光明を求め」〈有島・星座〉
「初めから、―な生活を送るつもりだ」〈藤村
[類語]苦労骨折りろう労苦苦心腐心辛苦辛労心労煩労艱苦かんく苦難辛酸ひと苦労多難万難茨の道

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「艱難」の解説

【艱難】かんなん

くるしみ。〔書、無逸〕小人を相(み)るに、厥(そ)の母は稼穡(かしよく)に勞せるに、厥の子は乃ち稼穡の艱を知らず、乃ちし乃ち(おご)る。

字通「艱」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

完全試合

野球で,先発投手が相手チームを無安打,無四死球に抑え,さらに無失策で一人の走者も許さずに勝利した試合をいう。 1956年ニューヨーク・ヤンキーズのドン・ラーセン投手がワールドシリーズでブルックリン・ド...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android