コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

年少扶養控除 ネンショウフヨウコウジョ

1件 の用語解説(年少扶養控除の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ねんしょうふよう‐こうじょ〔ネンセウフヤウコウヂヨ〕【年少扶養控除】

納税者に16歳未満の扶養親族がいる場合に適用される所得控除子ども手当の導入に伴い、平成22年度(2010)の税制改正により廃止された。
[補説]所得税については平成23年度(2011)分から、個人住民税は平成24年度(2012)徴収分から廃止。廃止前の控除額は、所得税で38万円、個人住民税で33万円だった。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

年少扶養控除の関連キーワード扶養控除障害者控除配偶者特別控除扶養親族納税通知書第三号被保険者特定扶養親族老人扶養親族控除対象扶養親族特別児童扶養手当

年少扶養控除の関連情報