コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

子ども手当 こどもてあて

5件 の用語解説(子ども手当の意味・用語解説を検索)

知恵蔵2015の解説

子ども手当

15歳以下の子どもがいる世帯に毎月手当を支給するという趣旨の法案(子ども手当法案)で、民主党マニフェストに掲げてきた項目の一つ。2009年度第2次補正予算案に盛り込まれ、2010年度からの支給を目指す。
子ども手当法案」と同じく、次代の社会を担う児童の健全な育成及び資質の向上を目指す法としては、1971年公布の現行法「児童手当法」がある。06年3月当時、政府自民党がこの児童手当法の改正案を提出したことに対して、野党民主党が衆院に提出したものが「子ども手当法案」の出発点である。自民党の改正案は、児童養育家庭の「生活の安定」を目的に、12歳までを対象として一定の所得制限を設け、児童の数に応じて5千円もしくは1万円を支給するというもの。事業主・地方公共団体などと案分し、1割は国が支出する。
それに対し民主党案は、児童の養育に係る「経済的負担の軽減」を目的に、15歳までを対象として所得制限を設けず、児童一人あたり一律1万6千円を全額国庫負担で支給するというものだった。
与党となった民主党は主要な政策の一つとして継続して主張しているが、自民党麻生内閣による08年度からの「子育て応援特別手当」などと呼応して、子ども手当も景気対策のような色彩を帯びてきている。その一方、初年度で2.3兆円、翌年度以降は4.5兆円を要する子ども手当の財源の不足が指摘され、赤字国債や増税、地方公共団体の負担などをめぐり、従来の社会保障としての児童手当との関係も含めて紛糾が続いている。

(金谷俊秀  ライター / 2010年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

子ども手当

2009年の衆院選で民主党が公約に掲げた。所得制限を設けず、初年度は中学生以下の子ども1人あたり月1万3千円、翌年度から2万6千円を支給するという内容だった。しかし、10年の参院選の結果、与党が参院で過半数割り込み、民主、自民、公明3党の合意で、今年度から「児童手当」に名を変えた。所得制限が導入され、最大で月1万5千円の支給額となった。

(2012-12-12 朝日新聞 朝刊 名古屋 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

こども‐てあて【子ども手当】

次代の社会を担う子どもや子育てを社会全体で支援していくという理念に基づいて、15歳以下の子どもの保護者に支給された手当。平成22年度(2010)から2年間、民主党政権下で、それまでの児童手当に代わって支給された。
[補説]平成21年度(2009)以前の児童手当は、12歳以下(小学生以下)の子どもを対象とし、所得制限を設けていたのに対し、子ども手当は対象年齢を15歳以下(中学生以下)に拡大し、所得制限を設けなかった。平成22年度(2010)と平成23年度(2011)前半は一律月額1万3000円、平成23年度後半は年齢や出生順位によって月額1万円~1万5000円が支給された。平成24年度(2012)は、民主・自民・公明の3党合意に基づいて児童手当として実施されるが、支給対象となる子どもの年齢や支給額は子ども手当と同じ。所得制限が復活するが、当面は所得制限を超える世帯にも5000円が支給される。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

子ども手当【こどもてあて】

民主党の主要政策の一つで,2009年8月の衆議院総選挙で15歳以下の子どもの保護者に手当を支給する公約をマニフェストに掲げた。同党は,経済効果少子化対策,福祉政策等に資すると主張している。
→関連項目児童手当

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

子ども手当
こどもてあて

「平成二十二年度における子ども手当の支給に関する法律」(平成22年法律第19号。2010年4月1日施行の時限立法)に基づき、同年6月に支給開始された手当。「次代の社会を担う子どもの健やかな育ちを支援する」という趣旨の制度。2009年(平成21)の総選挙で民主党がマニフェストの柱の一つとして掲げた政策によるもので、日本の子育て支援予算はヨーロッパ諸国より見劣りし、既存の児童手当や扶養控除だけでは不十分との主張を背景に導入された。支給対象は0歳から中学校修了(15歳になった後の最初の3月31日)前の子どもを監護し、かつ生計を同じくしている父母等の養育者で、所得制限は設けられない。支給額は子ども1人につき月額1万3000円。
 民主党のマニフェストでは全額を国費でまかなうとしていたが、財源不足のため一部を地方自治体の負担としたこと、扶養控除の廃止で負担が増す家庭があることや支給の遅延などの制度の不備、さらに児童虐待をしている養育者への支給や未申請の家庭の存在など、多くの問題が指摘された。
 2011年10月から「子ども手当特別措置法」により支給額を変更(2012年3月まで)、その後は東日本大震災の復興財源確保を優先させるため、子ども手当を廃止、2012年度から所得制限のある以前の児童手当法を拡充した制度に移行。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

子ども手当の関連キーワード子ども手当法就業率月手当子ども読書の日ゴールトンの退行法則母子加算老齢加算と母子加算子育て応援特別手当生活保護の母子加算子ども手当と配偶者控除

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

子ども手当の関連情報