コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

年金担保貸付制度 ネンキンタンポカシツケセイド

デジタル大辞泉の解説

ねんきんたんぽ‐かしつけせいど【年金担保貸付制度】

公的年金受給者を対象とする公的融資制度。厚生年金保険国民年金老齢福祉年金を除く)・労災補償保険の受給者に対して、独立行政法人福祉医療機構が、医療・住居・冠婚葬祭などに必要な小口資金を貸し付ける。年金担保融資は原則として法律で禁止されているが、同機構の年金担保貸付事業・労災年金担保貸付事業は例外として認められている。年担
[補説]融資額は250万円以内および受け取っている年金額以内(平成26年12月以降は上限200万円、年金額の0.8倍以内)。1回あたりの返済額は支給額の1/2以下(同、1/3以下)。行政刷新会議による平成22年(2010)4月の事業仕分けでは廃止と判定されている。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

年金担保貸付制度の関連キーワード補説

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android