コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

幸清次郎 こう せいじろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

幸清次郎 こう-せいじろう

1599-1661 江戸時代前期の能役者小鼓(こつづみ)方。
慶長4年生まれ。幸正能(まさよし)の次男である養父幸友能がおこした幸流別家の跡をつぎ,幸清次郎家の祖となる。その流派はのち幸清流(こうせいりゅう)とよばれるようになった。寛文元年死去。63歳。名は了能。号は暉蓮(きれん)。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

幸清次郎の関連キーワード田鍋 惣太郎幸 円次郎幸 義太郎

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android