コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

隠元 インゲン

5件 の用語解説(隠元の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

いんげん【隠元】

[1592~1673]江戸前期に明(みん)から渡来した僧。名は隆琦(りゅうき)。福建省の人。日本の黄檗(おうばく)宗の開祖。寛文元年(1661)宇治に黄檗山万福寺を開創。書もよくし、黄檗三筆の一。著「黄檗語録」「普照国師広録」など。
インゲンマメの別名。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

隠元【いんげん】

中国の禅僧。福建(ふっけん)の人。諱(いみな)は隆【き】(りゅうき)。日本黄檗(おうばく)宗の開祖。1654年来日。1661年山城(やましろ)国宇治(うじ)に万福(まんぷく)寺を創建。
→関連項目インゲンマメ(隠元豆)三筆禅宗崇福寺鉄眼

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

いんげん【隠元】

1592‐1673
京都府宇治の黄檗(おうばく)山万福寺の開山で,日本黄檗宗の開祖。隠元は号で,諱(いみな)は隆琦(りゆうき)。中国福州(福建省)福清の出身で,俗姓は林氏,母は龔(きよう)氏である。一度は学を志したが捨てて,23歳で寧波の普陀山にのぼり潮音洞で茶の接待役(茶頭(さずう))となって仏道修行し,29歳のとき福州黄檗山の鑑源興寿について剃髪出家した。その後,嘉興の興善寺,峡石山碧雲寺などで学んでいたが,費隠通容禅師が黄檗山に住したので帰山して費隠に参じ,43歳の1634年(寛永11)に費隠の法を嗣ぎ,37年から7年間黄檗山に住して禅風を宣揚した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

いんげん【隠元】

○1592~1673) 江戸前期の禅僧。黄檗宗おうばくしゆうの開祖。明の人。諱いみなは隆琦。諡おくりなは大光普照国師。1654年来日、60年に将軍家綱から宇治に土地を与えられ、黄檗山万福寺を創建。唐様の書風を伝えた。著「普照国師広録」など。
[1] 「隠元豆」の略。 [季] 秋。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

隠元
いんげん
(1592―1673)

江戸前期に来朝した中国明(みん)代の禅僧。黄檗(おうばく)宗の祖。法諱(ほうき)は隆(りゅうき)。諡号(しごう)は普照(ふしょう)国師など。福建省の生まれ。幼時より行方不明だった父を捜して、21歳のとき旅に出、有名な観音霊場、舟山(しゅうざん)列島の普陀山(ふださん)に至って出家を志した。29歳のとき、福建省黄檗山万福寺(まんぷくじ)(古黄檗)にて剃髪(ていはつ)。勧進(かんじん)の旅をし、また諸寺を訪れ『法華経(ほけきょう)』『楞厳経(りょうごんきょう)』などの講説を聴聞。33歳より臨済(りんざい)宗の密雲円悟(みつうんえんご)に就いて参禅した。42、43歳のころ密雲下の兄弟子費隠通容(ひいんつうよう)に印可されて嗣法(しほう)し、1637年(崇禎10)46歳で古黄檗の住持に請(しょう)ぜられた。ここで一切蔵経(いっさいぞうきょう)を閲読、また1555年倭寇(わこう)の変で焼けて以来宿願であった伽藍(がらん)大復興を完成し、さらに隠元自身の語録も出版している。古黄檗を退院して2年後に再住、この間多数の修行僧を指導した。しかし退院中の1644年祖国の明は事実上滅びた。
 1652年(承応1)より長崎・興福寺(こうふくじ)の逸然性融(いつねんしょうゆう)(明僧)らの懇請があり、隠元は3年間の約束でこれに応じ、54年に一行30名が鄭成功(ていせいこう)の仕立てた船で来日、長崎に着いた。興福寺、福済寺、崇福寺(すうふくじ)の唐三か寺は、幕府の鎖国政策で長崎に集まった華僑(かきょう)の檀那寺(だんなでら)であり、隠元はただちに興福寺、ついで崇福寺に住した。この壮挙は日本の仏教界、とくに禅僧たちに大きな反響をよんだ。龍渓性潜(りゅうけいしょうせん)らは隠元を京都・妙心寺に迎えようと奔走したが、愚堂東寔(ぐどうとうしょく)らの反対も強く、結局、摂津(大阪府)普門寺に迎えられた。58年(万治1)江戸に赴き、将軍徳川家綱(いえつな)に謁見、翌年酒井忠勝(ただかつ)らの勧めで永住を決意、幕府から山城(やましろ)(京都府)宇治に寺地を与えられ、61年(寛文1)一派本山としての黄檗山万福寺(新黄檗)を開創した。3年後に隠退し、寛文(かんぶん)13年4月3日、82歳で示寂。隠元は、念仏と密教的要素を取り込んだ明末の禅風をもたらし、万福寺は、行事、建築、明代の仏師笵道生(はんどうせい)の仏像など万事が明朝風で、以後の歴住も中国僧が続いた。隠元の書は、幕閣・諸大名などに珍重され、膨大な語録・詩偈集(しげしゅう)は、その精力的な活動を伝えている。[菅原昭英]

江戸時代の書を代表する唐様(からよう)(中国書法から強い影響を受けた書風、および流派)の推進に、先駆的な役割を果たしたのが、隠元ら黄檗の僧たちの書であった。開祖の隠元や、後世に「黄檗の三筆」と並び称された木庵性(もくあんしょうとう)、即非如一(そくひにょいち)の雄渾(ゆうこん)な書は、宗派の広がりとともに全国的に伝えられた。隠元は書を、宋(そう)代の蔡襄(さいじょう)に学んだといわれ、また師の費隠通容の影響もみられる。なにものにもとらわれない、のびのびとした書は、隠元の不断の修禅によって生み出されたものであり、その高徳と相まって、世人に広く親しまれている。[久保木彰一]
『平久保章著『隠元』(1962・吉川弘文館)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の隠元の言及

【黄檗宗】より

…京都府宇治市に所在する黄檗山万福寺を本山とする禅宗の一派。宗祖は1654年(承応3)に来日した明僧の隠元隆琦で,万福寺は61年(寛文1)に開創され,ここに禅浄一致の宗風をもつ明朝禅が伝えられて大きく発展した。隠元の禅は東福寺開山円爾弁円や円覚寺開山無学祖元と同じ径山(きんざん)の無準師範(ぶしゆんしばん)の法系に属する臨済禅であって,中国では臨済宗の一派にすぎなかったが,日本では黄檗山の禅が念仏禅の禅風をかかげ,伽藍様式や読経,法要様式,法具法服その他すべて明風であり,日本臨済宗に異なる特色をもったことで,臨済宗と分離し一宗を形成した。…

【黄檗美術】より

…崇福寺の第一峰門(1644),大雄宝殿(1646)がその代表的遺構であり,渡来工人による明代の寺院建築の意匠,彩色が強い異国風を感じさせる。黄檗寺院はさらに僧隠元が,幕府の庇護のもと,宇治の万福寺を創建(1661)したことにより,京都にも伝わった。これはかなり和様化されているが,伽藍配置など隠元の故国の福州万福寺にならってつくられたものであり,総門から山門,天王殿,仏殿,法堂を中心線上に配し,鐘楼,鼓楼,伽藍堂,祖師堂,斎堂,禅堂,東西方丈を左右相対的に配列し回廊で結んでいる。…

【三筆】より

…3人を特に三筆と称するようになったのがいつごろか明らかでないが,そう古くにはさかのぼらない。ほかには江戸時代に日本へ渡った黄檗(おうばく)宗の3僧,隠元,木庵(もくあん)(1611‐84),即非(そくひ)(1616‐71。諱は如一(によいち),木庵の法弟)を〈黄檗の三筆〉,また近衛信尹(のぶただ)(号は三藐院(さんみやくいん)),本阿弥光悦松花堂昭乗を〈寛永の三筆〉と呼ぶが,この呼名もおそらく明治以降であろうといわれ,1730年代(享保年間)には寛永三筆を〈京都三筆〉と呼んでいる。…

【住職】より

…住職という呼称は,今日では宗派を問わず多く用いられているが,歴史的にみると,寺院最高位の僧職の呼称は時代により宗派により,またそれぞれの寺院によって,さまざまの異称や尊称がある。南都系や平安仏教系寺院では寺主(じしゆ),維那(いな),院家(いんけ),隠元(いんげん),浄土真宗や日蓮宗(法華宗)や時宗では上人(しようにん),禅宗では方丈,和尚,住持,長老(ちようろう)などの,住職をさす尊称がそれである。また,由緒ある大寺院ではその寺固有の歴史的呼称もある。…

【声明】より

…また臨済宗,曹洞宗を開いた栄西(えいさい)と道元はほかの鎌倉仏教の開祖と同様に一時比叡山に学んでいるが,中国に渡り宋代の禅宗を伝え,その後臨済,曹洞両宗は天台,真言両声明の影響をうけつつ中国的な性格を含んだ仏教儀式を整えていく。江戸初期には明僧隠元が中国臨済宗の系統に属する黄檗(おうばく)宗を開き,同時に中国明代の儀式や声明(梵唄と称す)がもたらされて,現在でもなお中国的色彩の濃厚な儀式,音楽が行われている。
[種類]
 声明は教理,言語,音楽の各立場からいろいろに分類されるが,詞章の内容,形式は以下のとおりである。…

【禅宗】より

…臨済禅の伝来は,そうした中国近代文明の持続的な日本への伝来とともにあり,これを集大成するのが,黄檗山の開創である。 黄檗宗は,中国の福州黄檗山万福寺の住持,隠元隆琦が,江戸幕府の帰依で宇治に万福寺を開いたのに始まる。隠元隆琦は,中国では臨済宗楊岐派に属し,日本でも臨済正宗を名のるが,鎌倉以来すでに日本に来ている臨済禅が,宋・元時代のそれを伝えて完全に日本化しているのに比して,近世中国の風俗習慣を伴う隠元の臨済禅は,日本仏教徒にあらためて中国仏教の現実を見せつけることとなる。…

【万福寺】より

…山号は黄檗山。開山は1654年(承応3)来日した明僧隠元隆琦(りゆうき)で61年(寛文1)に開創された。山号・寺名は隠元が来日する以前に住持した中国福建省福州府福清県にある黄檗山万福寺にちなむ。…

※「隠元」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

隠元の関連キーワード村瀬玄妙黄檗鶴亭黄檗惟一黄檗竺庵黄檗湛堂隠元隆琦宇治人形宇治の橋姫黄檗喜撰岳

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

隠元の関連情報