幻像・幻象(読み)げんぞう

精選版 日本国語大辞典「幻像・幻象」の解説

げん‐ぞう ‥ザウ【幻像・幻象】

〘名〙 実際には存在しないものが、実在するかのように見える姿、幻影。げんしょう。
※性霊集‐八(1079)為亡弟子智泉達願文「雖云覚朝无夢虎、悟日莫幻象」
真善美日本人(1891)〈三宅雪嶺〉日本人の本質「其の意義ありありとして幻像の如く眼前にちらつけども」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ワールドカップ

4年ごとに開催されるサッカーの世界選手権。国際サッカー連盟(FIFA(フィファ))が主催し、その加盟協会の代表チームによって争われる。[大住良之]概要FIFA傘下の6地域連盟ごとの「予選大会」と、それ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android