幻相(読み)げんそう

精選版 日本国語大辞典「幻相」の解説

げん‐そう ‥サウ【幻相】

〘名〙 まぼろしのようにはかない有様。無常な様子。
※謡曲・柏崎(1430頃)「暫らく世間相を観ずるに、飛花落葉の風の前には、有為の転変を悟り」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる