幼学書(読み)ようがくしょ

百科事典マイペディアの解説

幼学書【ようがくしょ】

漢学の初学者のための入門書。《後宇多院御遺告》には〈世俗の常に幼学に充てるところ〉として《千字文(せんじもん)》《李【きょう】(りきょう)雑詠(百詠)》《蒙求(もうぎゅう)》《和漢朗詠集》の4書をあげる(いわゆる〈四部ノ読書〉)。故事成語,和歌,漢詩を暗誦するのに用いた。《注千字文》など,それぞれの書に注釈書が残り,また源光行の《百詠和歌》《蒙求和歌》両書のような形でも受容された。このほか《口遊(くちずさみ)》や《仲文章(ちゅうもんじょう)》《実語教》《童子教》など,平安時代から鎌倉時代にかけて日本で作られたものも含めていう。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android