幽邃(読み)ユウスイ

デジタル大辞泉の解説

ゆう‐すい〔イウ‐〕【幽×邃】

[名・形動]景色などが奥深く静かなこと。また、そのさま。
「―な深林にその住居を構えることも」〈有島・惜みなく愛は奪ふ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ゆうすい【幽邃】

名 ・形動 [文] ナリ 
(景色などの)静かで奥深い・こと(さま)。 -の地 墓地は斯の寺の境内で、-な、樹木の多いところにあつた/春 藤村

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ゆう‐すい イウ‥【幽邃】

〘名〙 (形動) 奥深くてもの静かなこと。また、そのさま。
※艸山集(1674)二二・谷口歌「山水雖愛、恨接往来幽邃
※夜航余話(1836)上「一段邃の趣深し」 〔王延寿‐魯霊光殿賦〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

感染症指定医療機関

感染症予防法で規定されている感染症の中で、危険性が高く特別な対応が必要な感染症の患者を治療する医療施設。特定感染症指定医療機関(1・2類感染症および新感染症患者)、第一種感染症指定医療機関(1・2類感...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android