深林(読み)シンリン

デジタル大辞泉の解説

しん‐りん【深林】

樹木の生い茂った奥深い林。
「露国の詩人は曽て―の中に坐して、死の影の我に迫るを覚えたと言ったが」〈独歩・空知川の岸辺〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

しん‐りん【深林】

〘名〙
① 樹木が茂った奥深い林。
※類聚句題抄(11C中)望春花景煖〈一条天皇〉「遠樹風来雲尚宿、深林日照蝋還滋」
※東京新繁昌記(1874‐76)〈服部誠一〉三「大伽藍深林の間に聳え」
② (形動) 樹木が茂り奥深いさま。
※浮城物語(1890)〈矢野龍渓〉二八「猪鹿ならでは通はじと思ふ計りの深林なる小逕をたどり」 〔漢書‐厳助伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

口永良部島

鹿児島県南部,大隅諸島,屋久島の北西約 12kmにある火山島。活火山で,常時観測火山。屋久島町に属する。霧島火山帯に属し,西に番屋ヶ峰(291m),東に最高点の古岳(657m)と新岳(626m)があり...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android