コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

幽静 ユウセイ

デジタル大辞泉の解説

ゆう‐せい〔イウ‐〕【幽静】

[名・形動]奥深く、もの静かなこと。また、そのさま。
「昔のままの郊外らしく思われる最―な処であろう」〈荷風つゆのあとさき

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ゆうせい【幽静】

( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
奥深くてもの静かな・こと(さま)。 「周囲の-な趣と反照するためか、却つて町にゐるときよりも動揺した/門 漱石

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

幽静の関連キーワード佑・優・勇・友・右・宥・幽・悠・憂・揖・有・游・湧・猶・由・祐・融・裕・誘・遊・邑・郵・酉・雄井口 海仙酒井玄悦柏原公英根岸反照

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android