(読み)ユウ

デジタル大辞泉「幽」の解説

ゆう【幽】[漢字項目]

常用漢字] [音]ユウ(イウ)(漢) [訓]かすか
暗くて見えない。かすか。「幽暗幽明
奥深い。「幽遠幽艶(ゆうえん)幽玄幽邃(ゆうすい)
世間から離れてひっそりしている。「幽居幽境幽棲(ゆうせい)清幽
人を閉じ込める。「幽囚幽閉
死者の世界。「幽界幽霊

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「幽」の解説

ゆう‐・す イウ‥【幽】

〘他サ変〙 人をある所に閉じこめる。おしこめる。監禁する。幽閉する。
※続日本紀‐天平宝字八年(764)一〇月壬申「衛送配所、幽于一院

かすけ・し【幽】

〘形ク〙 =かそけし(幽)
※読本・椿説弓張月(1807‐11)前「こはいとかすけきものなれど、家裹(いへづと)にし給へ」
※いさなとり(1891)〈幸田露伴〉八三「沖の白波は暗(やみ)の中に幽(カス)けき光を放ち」

ゆう イウ【幽】

〘名〙 (形動) 奥深くもの静かなこと。遠く深く、はかりしれないこと。また、そのさま。
※わらんべ草(1660)四「つやと、にほひと、ゆふと、是、にたる物にて」 〔易経‐繋辞下〕

かそ‐け・し【幽】

〘形ク〙 音や色などがかすかであるさま。ほのか。
※万葉(8C後)一九・四二九一「わが屋戸のいささ群竹吹く風の音の可蘇気伎(カソケキ)この夕(ゆふべ)かも」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ゴールデンカムイ

「週刊ヤングジャンプ」(集英社発行)で2014年38号より連載されている北海道出身の漫画家・野田サトルの漫画作品。日露戦争の帰還兵である杉元佐一が北海道で一攫千金を目指して繰り広げる冒険劇で、作中のア...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android