コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

広井女王 ひろいじょおう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

広井女王 ひろいじょおう

?-859 平安時代前期の女官。
天武(てんむ)天皇の玄孫。天長8年(831)従五位下。尚膳(かしわでのかみ),典侍(ないしのすけ)をへて,天安元年尚侍(ないしのかみ)となる。従三位。催馬楽(さいばら)を得意とし,おおくの人におしえた。貞観(じょうがん)元年10月23日死去。80歳余。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

広井女王の関連キーワード貞観成年後見人7・13水害の仮設住宅岩井温泉石清水八幡宮勝尾寺皇朝十二銭貞観大山寺中尊寺

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android