コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

広峯15号墳 ひろみねじゅうごごうふん

百科事典マイペディアの解説

広峯15号墳【ひろみねじゅうごごうふん】

京都府福知山市にある4世紀後半の前方後円墳。全長40m。1986年の調査で,後円部の割竹形(わりたけがた)木棺から,〈景初4年〉の銘をもつ盤竜鏡(ばんりゅうきょう)が出土した。魏の紀年をもつ鏡はこれまで神獣鏡のみで,神獣鏡以外の鏡としては初の出土例。またこの紀年は,邪馬台国の卑弥呼が魏に使者を派遣した翌年にあたるが,実際には存在しないことから,三角縁神獣鏡の制作地をめぐる論争をよびおこした。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

広峯15号墳の関連キーワード景初四年銘盤龍鏡京都府福知山市

今日のキーワード

ICT

情報・通信に関する技術の総称。従来から使われている「IT(Information Technology)」に代わる言葉として使われている。海外では、ITよりICTのほうが一般的である。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android