コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

広幢 こうどう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

広幢 こうどう

?-? 室町時代の僧,連歌師。
猪苗代(いなわしろ)兼載のおじ。僧で歌人の清巌正徹(せいがん-しょうてつ)にまなんだという。文明10年(1478)刊行の「連歌三十五句付発句十句」や「連歌前句附」などの句集がある。陸奥(むつ)会津(福島県)あたりにすんだらしい。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

広幢の関連キーワード猪苗代兼純室町時代猪苗代連歌師

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android