コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

清巌正徹 せいがん しょうてつ

4件 の用語解説(清巌正徹の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

清巌正徹 せいがん-しょうてつ

1381-1459 室町時代の歌人,僧。
永徳元=弘和(こうわ)元年生まれ。臨済(りんざい)宗。京都東福寺で書記をつとめる。和歌を冷泉為尹(れいぜい-ためまさ)らにまなび,多作家として知られる。足利義政に「源氏物語」を講じ,連歌師にも影響をあたえた。長禄(ちょうろく)3年5月9日死去。79歳。備中(びっちゅう)(岡山県)出身。俗名は正清。通称は徹書記。号は松(招)月庵。家集に「草根集」,歌論書に「正徹物語」など。
【格言など】初心の程は無尽に稽古すべきなり(「正徹物語」)

清巌正徹 しょうがん-しょうてつ

せいがん-しょうてつ

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

清巌正徹

没年:長禄3.5.9(1459.6.9)
生年:永徳1/弘和1(1381)
室町時代臨済宗の僧,歌人。備中(岡山県)小田郡の人。東福寺の書記をしていたことから徹書記とも呼ばれ,自ら招月菴とも号した。冷泉派の和歌に通じ,二条派の尭孝法印と共に室町期の京都歌壇の代表的人物とされる。現存する和歌は,『草根集』15巻に集録される1万1000首余をはじめ,2万首余にのぼる。『新古今和歌集』藤原定家に傾倒した,幽玄で象徴的,幻想的な作風を特徴としている。神戸山城主小松康清の次男として生まれ,幼名を尊命丸といった。10歳のころに京都に上り冷泉家の歌会に出席,これより今川了俊に師事して和歌を学び,その才を現した。父の死を契機として,応永21(1414)年34歳にして東福寺で出家,聖一派栗棘門派の象先会玄の法を嗣ぎ,書記を勤めた。のち美濃(岐阜県),尾張(愛知県)を行脚,紀行文『なぐさめ草』を著す。帰して春日西洞院や今熊野に草庵を結び,公家や武士をはじめ,三井寺,清水寺などの僧侶や連歌師らと広く交渉を持った。また,正広,正韵など歌道の弟子を多く輩出,その一門は熊野で栄えたという。和歌のほか古典にも精通し,将軍足利義政『源氏物語』全巻を講義,『一滴集』という注釈書も選述している。また,その書写にも力を注ぎ,『伊勢物語』『拾遺愚草『徒然草』など,清巌の手になる多くの写本が伝存している。他に歌論書の『正徹物語』がある。<参考文献>稲田利徳『正徹の研究』

(石井清純)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

清巌正徹
せいがんしょうてつ

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

清巌正徹の関連キーワード天隠龍沢正韵淡海昌敬宙外玄杲東海宗朝福島慶道広叔元運圜悟克勤臨済録済家

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone