広末 保(読み)ヒロスエ タモツ

20世紀日本人名事典の解説

広末 保
ヒロスエ タモツ

昭和・平成期の演劇評論家 元・法政大学文学部教授。



生年
大正8(1919)年12月18日

没年
平成5(1993)年10月26日

出生地
高知県高知市

学歴〔年〕
東京帝大文学部国文学科〔昭和16年〕卒

経歴
法政大学文学部教授をつとめ、定年後講師。日本文学協会で活動し、昭和30年に出版した最初の著書「元禄文学研究」は、近世文学研究に画期的な転換をもたらすものとして注目された。他に「悪場所の発想」「辺界の悪所」「西鶴の小説」「近松序説」「漂泊の物語」など。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

広末 保 (ひろすえ たもつ)

生年月日:1919年12月18日
昭和時代;平成時代の演劇評論家;日本文学者。法政大学教授
1993年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

iDeCo

個人型確定拠出年金と呼ばれる任意の私的年金制度のひとつ。加入者が毎月決まった金額を積み立てて、金融機関が用意する定期預金・保険・投資信託といった金融商品から運用方法を選び、60歳以降に年金または一時金...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android