コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

漂泊 ヒョウハク

デジタル大辞泉の解説

ひょう‐はく〔ヘウ‐〕【漂泊】

[名](スル)
流れただようこと。「小舟が漂泊する」
所を定めずさまよい歩くこと。さすらうこと。流浪。「各地を漂泊して歩く」「漂泊の詩人」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ひょうはく【漂泊】

( 名 ) スル
一定の住居や生業なしにあてもなくさまよい歩くこと。さすらい。 「 -の旅」 「日本中を-して歩く」
流れただようこと。船が投錨せず、機関を停止してただようこと。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の漂泊の言及

【漂泊民】より

…さすらい人。漂泊・遍歴と定住・定着とは,人間の二つの基本的な生活形態である。それゆえ,漂泊民といい,定住民といっても,それは絶対的なものではなく,漂泊についていえば,居所の定まらぬ漂泊,本拠地を持つ遍歴,本拠地を変更するさいの移動,さらに一時的な旅など,さまざまな形態がありうる。…

※「漂泊」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

漂泊の関連キーワードデレク ウォルコットG. ランブールニコバル諸島民シーアンカーシェルタ語椿説弓張月貴種流離譚定点観測船チンの荒野種田山頭火八十村路通ランブール諸所・諸処広末 保さすらいアパッチ北川省一水上家屋中村星湖高市黒人

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

漂泊の関連情報