広母音(読み)ひろぼいん

精選版 日本国語大辞典「広母音」の解説

ひろ‐ぼいん【広母音】

〘名〙 音声学で、低い舌の位置で発音されるので口腔の通路が広く開いている母音。舌の位置が非常に低い場合の〔a〕のような、広母音または開母音としての例と、舌の位置がそれほど低くない〔ε〕〔ɔ〕のような半広母音または半開母音としての例がる。⇔狭母音(せまぼいん)
※国語声音学(1902)〈平野秀吉〉一二「は広母音で、発音に際し、或る局部の凝縮を感ずるが如きことは少しも無い」

こう‐ぼいん クヮウ‥【広母音】

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の広母音の言及

【音声学】より

…母音の音色は主として舌の形状によって決定されるため,舌の最高点を求め,その位置により母音を分類する方法がとられている。(1)舌の上下の位置 舌面が口蓋に最も近づくものを高母音high(狭母音),最も離れているものを低母音low(広母音)とし,その中間を中母音midと呼ぶ。(2)舌の前後の位置 舌の最高点が前よりのものを前舌母音front,後よりのものを後舌母音back,その中間を中舌母音centralとする。…

※「広母音」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android