広瀬 操吉(読み)ヒロセ ソウキチ

20世紀日本人名事典「広瀬 操吉」の解説

広瀬 操吉
ヒロセ ソウキチ

大正・昭和期の詩人



生年
明治28(1895)年10月30日

没年
昭和43(1968)年12月17日

出生地
兵庫県印南郡

学歴〔年〕
姫路師範卒

経歴
師範を出て関西芸術院、本郷洋画研究所に学んだ。はじめ千家元麿の「同人となり、大正10年4月からその後継誌「詩の家」の編集に従事した。牧歌的な詩風で詩集雲雀」「空色の国」のほか美術評論書がある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

不起訴不当

検察審査会が議決する審査結果の一つ。検察官が公訴を提起しない処分(不起訴処分)を不当と認める場合、審査員の過半数をもって議決する。検察官は議決を参考にして再度捜査し、処分を決定する。→起訴相当 →不起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android