雲雀(読み)ヒバリ

  • 曲名・戯曲
  • 雲=雀/告=天=子
  • 雲雀 (ヒバリ)

デジタル大辞泉の解説

スズメ目ヒバリ科の鳥。全長17センチくらい。体は褐色の地に黒い斑があり、頭に短い冠羽をもつ。日本では留鳥漂鳥として河原・畑などにすみ、春になると空高く舞い上がりながら、ピーチュク、チルルなど長くて複雑な節回しでさえずる。告天子(こくてんし)。 春》「―より空にやすらふ峠哉/芭蕉
[補説]作品名別項。→雲雀
《原題、〈ドイツ〉Lerchenハイドンの弦楽四重奏曲第67番ニ長調の通称。1790年作曲。全4楽章。通称は、第1楽章にひばりのさえずりに似た旋律が用いられることに由来する。
《〈フランス〉L'Alouette》フランスの劇作家、アヌイ戯曲ジャンヌ=ダルク裁判を題材とする。1953年、パリ初演

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

学名:Alauda arvensis
動物。ヒバリ科の鳥

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

[1] 〘名〙
① ヒバリ科の小鳥。全長約一七センチメートルで、スズメよりやや大きい。羽色は地味で、背面は褐色に黒褐色の縦斑(たてふ)があり、羽縁は黄褐色。腹面は淡く、胸に暗色の斑点(はんてん)がある。頭頂の羽毛はやや長く、羽冠を形成。木の枝に止まることはなく、三、四月には高空をさえずりながら飛ぶ。各地の草原・畑・川原などに多く、地上の小動物や草の実などを食べる。四~七月、地上に枯草で椀形の巣を営む。鳴き声が良いので古くから飼い鳥にされる。天鷚(てんりょう)。告天子。《季・春》
※古事記(712)下・歌謡「比婆理(ヒバリ)は 天に翔る 高行くや 速総別(はやぶさわけ) 鷦鷯(さざき)捕らさね」
※俳諧・続虚栗(1687)春「永き日も囀たらぬひはり哉〈芭蕉〉」
② ヒバリ科の鳥の総称。約七五種がほぼ世界中に分布。全長一二~二三センチメートルの小鳥で、褐色に暗色縦斑のある地味なものが多い。主として地上で昆虫や種子を食べ、地上に営巣。日本で繁殖するのはヒバリ一種だけである。
③ (①の細い脚の連想から) やせて骨ばっているさまにいう語。ひばりぼね。
※浄瑠璃・天神記(1714)三「ひばりの様なる腕先に、大の男が真仰(まあを)のけに、地響きうって打ち倒され」
④ 女性のオペラ歌手などをいう俗語。〔最新百科社会語辞典(1932)〕
[2]
[一] (原題Lerchen) ハイドン作曲の弦楽四重奏曲ニ長調、作品六四の五の副題。一七九〇年完成。
[二] (原題Lerchengesang) メンデルスゾーン作曲の混声四部合唱曲の曲名。一八三九年作曲。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

マラドーナ

[生]1960.10.30. ブエノスアイレスアルゼンチンのサッカー選手。アルゼンチンリーグ 1部に史上最年少の 15歳でデビュー。代表チームにも 16歳4ヵ月の最年少デビューを果たした。1979年,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

雲雀の関連情報