コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

広瀬祭 ひろせまつり

世界大百科事典 第2版の解説

ひろせまつり【広瀬祭】

もと広瀬大忌祭(ひろせおおいみのまつり)と称され,奈良・平安時代には神祇官所祭の四時祭として毎年4月と7月の4日に竜田風神祭と同時に執行されたが,現在は4月4日だけに広瀬神社例大祭として行われる。広瀬神社は,奈良盆地一帯を潤す大和水系の合流地帯で地名を〈河合(かわい)(河曲)〉という低湿地に鎮座し(現,北葛城郡河合町河合)古来治水神であるとともに食物女神をまつる。社伝によれば,崇神天皇5年に大御膳津神として創祀され,五穀を守護し,天照大神および天皇の御膳をつかさどるにあたり物忌(ものいみ)を厳重にするので大忌神と称され,祭りを広瀬大忌祭と称された。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android