コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

広瀬祭 ひろせまつり

1件 の用語解説(広瀬祭の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ひろせまつり【広瀬祭】

もと広瀬大忌祭(ひろせおおいみのまつり)と称され,奈良・平安時代には神祇官所祭の四時祭として毎年4月と7月の4日に竜田風神祭と同時に執行されたが,現在は4月4日だけに広瀬神社の例大祭として行われる広瀬神社は,奈良盆地一帯を潤す大和水系の合流地帯で地名を〈河合(かわい)(河曲)〉という低湿地に鎮座し(現,北葛城郡河合町河合)古来治水神であるとともに食物女神をまつる。社伝によれば,崇神天皇5年に大御膳津神として創祀され,五穀を守護し,天照大神および天皇の御膳をつかさどるにあたり物忌(ものいみ)を厳重にするので大忌神と称され,祭りを広瀬大忌祭と称された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

広瀬祭の関連キーワード広瀬柏園広瀬大忌荒忌御忌祭大神の祭大物忌神間人大蓋広瀬王広瀬順固

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone